Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

MCUフェーズ4は個性的なドラマが盛りだくさんのようです!

 

 昨日仕事でヘロヘロになりながらツイッターを見ていたら、どうやらアメリカでコミックの祭典「コミコン・インターナショナル2019」があったようで

 そこで、MCUフェーズ4のスケジュールが発表されたようです。
 

 


 いやー疲れが吹っ飛びましたね。
 仕事続いていたのでそのあとまた疲れましたけど。

 ということで、一個ずつ見ていきたいと思います。

 フェーズ4として発表されたのが以下の10作品
映画
BLACK WIDOW
Eternals
Shang-Chi
Doctor Strange
Thor

ドラマ
ファルコン&ウィンターソルジャー
LOKI
WandaVishon
hawkeye

アニメ
WHAT IF…?

 

 

 フェーズ3までで映画とドラマに参加したのは
 エージェントオブシールドのコールソンと

 エージェントカーターのペギーカーターの2人で、


 この2人自体も映画としての参加回数はほとんどありません。エンドゲームのペギーカーターよかったなぁ・・・

 しかし、フェーズ4のドラマはMCUをフェーズ3まで支えてきたキャラクターを主演に置いたものばかりで、フェーズ3の続きを描いた作品として、映画と同じく、もしくはそれ以上に追いかける必要がありそうなラインナップですね!

 

   LOKI


 LOKIはエンドゲームで分岐したバースのロキの話のようです。

過去ロキの邪神としての性質も持ちつつ、MCUの中でトムヒドルストンが獲得したチャーミングな一面をふんだんに見せてくれるといいなぁ。

 

 

「ロキ」の詳細は不明だが、「トリックスターであり、容姿を自在に変化させる能力を持つロキが、人類史のあちこちに登場しては歴史上の出来事に思わぬ影響を与えていく」というストーリーになるとのこと。

 

 Howkeye

 


 タイトルロゴのフォントが可愛い
 ホークアイの漫画は一冊持っていて、ある意味日常系の漫画ではあるのですが、淡々としつつもユーモアもあり、面白い作品でした。

 

ホークアイ:マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン (MARVEL)

ホークアイ:マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン (MARVEL)

  • 作者: マット・フラクション,デイビッド・アジャ,ハビエル・プリード,中沢俊介
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

 

 

 で、こちらにも登場するケイト・ビショップも登場するそうなので、これをベースにするのかなと思ったのですが、
 どうやらもっと重たい話になるようです。

 

ロゴマークのデザインは、マット・フラクションが手がける原作コミックのロゴを踏襲したものだ。ドラマには、原作コミックでヤング・アベンジャーズの一員として知られるケイト・ビショップも登場。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で見られた闇の側面「ローニン」を掘り下げながら、若き弟子へバトンを渡す様子を描くという。

 

 キャップに続き、ホークアイもバトンタッチですか。
 こうなると、うわさされるアイアンマンの後継者
 「アイアンハート」への期待度が高まってきますね。


 

 


 ファルコン&ウィンターソルジャー

 ファルコン&ウィンターソルジャーはまだシナリオの詳細が出ていないと思いますが、
 シヴィルウォーのバロンジモとエージェント13の登場が発表されているそうです。

 ジモ役のダニエルブリュームはクリスヘムスワースと共演したRUSHがなかなか面白く、ジモの演技も素晴らしかったのでMCUの世界にこれからも参加し続けるのはうれしい

 

ラッシュ/プライドと友情 スペシャル・エディション [Blu-ray]

ラッシュ/プライドと友情 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 

 


エージェント13役のエミリーヴァンキャンプも個人的にMCUで一番好きな女性なので、もっと活躍が見れるのは楽しみです。

 

 


Wandavision

 

 

ワンダビジョンが一番読めませんね。
タイトルロゴが心電図のようなのが気になりますね。
    また、wandaとvisionが1つの単語としてまとまっていることは作中でも深い意味を持つと思われます。ワンダとビジョンではなくてワンダのビジョンだったりして。

   ダブルミーニング位はありそうですねぇ


 スカーレットウィッチは原作で子供が生めないはずのヴィジョンとの子供を創造するのですが、 それだけの能力があることが示されているので、MCUではヴィジョン”を”想像するのかもしれませんね。


 また、今までワンダはMCU内でスカーレットウィッチの名前は使ってこなかったということで、本作のなかで、スカーレットウィッチと呼称されるきっかけとなるイベントも描かれそうです。

 

 

 

WHAT IF…?

 What if は原作では、マーベルの歴史の中の、さまざまな「もしも」を描いたシリーズです。
 スパイダーバースで登場したスパーダーグウェンも、登場作品はwhat if ではないですが、「ピーターではなくグウェンがクモにかまれたら」というwhat if なバースがベースです。

 

スパイダーマン:スパイダーバース ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]

スパイダーマン:スパイダーバース ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]

 
エッジ・オブ・スパイダーバース (MARVEL)

エッジ・オブ・スパイダーバース (MARVEL)

  • 作者: ダン・スロット,クリストス・ゲイズほか,ジュゼッペ・カムンコリ,アダム・キューバートほか,秋友克也
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

 本作はアニメですが、映画の出演俳優が声を当てるということで、とても豪華です。
 また、おそらくifバースたちを監視する存在としてウォッチャーというキャラクターも登場するようです


 ドラマだけでかなりのボリュームでしたので一度ここで切りますが、MCUファンとしては
 これらの作品が配信される映像配信サービス「Disney+」は会員登録必須となりそうですね!