Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ワンダビジョン 7話の感想と考察

 

今週のワンダヴィジョンはかなり核心に迫ってきましたね

 

今回のタイトルは「第4の壁を破って」

ということで、”壁を破る”がダブルミーニングな感じ。

ドラマの形式としてインタビューのようにカメラの向こうにキャストが語り掛けてきたり

モニカがヘックスの壁を破ってウェストビューに再度侵入したり

黒幕がとうとう本性を表してきたのもちょっとかかってるかも?

 

6話の最後にワンダが引き起こしたヘックスの拡大の後

やはり無理があったのか、それとも拡大が可能なくらいに能力が増大して暴走し始めているのか、家の中のインテリアの年代を制御できないワンダ

 

逆に言うと1話ごとにドラマの年代が変わっていたのはワンダがアップデートしていたことになるのかもしれません。

 

舞台は変わってヘックスに飲み込まれた元S.W.O.R.D基地

 

ダーシーも含めサーカスの一座と化しています

 

 そしてさらっとかましてくるグレイテストショウマンネタw
f:id:belphegor729:20210219202257j:image

  

 

 

完全に彼女のことですねw


The Greatest Showman | "This Is Me" with Keala Settle | 20th Century FOX

そうか、これもディズニーに買収されたFOXの作品なのか。

 

しかしダーシー ボンキュッボンだなぁ


f:id:belphegor729:20210219213503j:image

そしてOPの「Created by wanda」とは裏腹に、この世界のことについてあまりにも無知であることを隠さなくなったワンダ

 


f:id:belphegor729:20210219202318j:image

 

アガサを家に招き入れる際に振り向きもせずに魔法でドアを開けたのも

どうせ誰も不審に思わない。普通にふるまうことも含め”すべてが無意味”とあきらめたからかもしれない。

 

ヘイワードはやっぱりヴィランポジションでしたねー

なぜヴィジョンの残骸がS.W.O.R.Dの施設に保管されていたかについては

彼らがそれを再利用しようとしていたからでF.A

それが「白目作戦」

そこをWANDAに横取りされた形ですね

よくもまぁソコヴィア協定違反とか言えたなぁといった感じですが

まぁ自分がそうしようとしていたから相手もそうしよとしているに違いない理論なのかもね。

 

そうすると気になるのがモニカに協力していたS.W.O.R.D職員

ヘイワードはS.W.O.R.Dの全体を掌握しておらず指揮系統が違うのか、ヘイワードは長官代理ではあるがスクラル人という可能性もあるのかなぁ?

モニカが少佐に「母への忠誠心?」と聞いていたのが、少佐がヘイワードの指揮下にあることを示唆しているのかな

一昔前のMARVELならヘイワードはロキなのか?ってなるけどもうロキはこのユニバースにはいないからね。

タロスというよりは、タロスと敵対するスクラル人で

ニックフューリーが主役になるとの噂のスクラルウォー=シークレットインベージョンにつなげる可能性も否定できないかも?

 

 

しかしこいつは意味ありげに登場したくせに期待外れだった
f:id:belphegor729:20210219205047j:image

 何の役にも立ちませんでしたな。

本来の目的としては地球外で活動する、宇宙線から搭乗員を守るための装甲車って感じなんですかね。

 

結局モニカの計算ははずれで全く役に立たず、新しいスーパーヒロイン「モニカ・ランボー」の引き立て役で終わってしまいました。可哀想に

 

そして恒例のスーパーヒーロー着地
f:id:belphegor729:20210219205055j:image

 

 とは言えワンダの説得もあと一歩のところでアグネスに邪魔をされて失敗

 

アグネスが黒幕として名乗りを上げ

本来の名がアガサ・ハークネスであることを明かしました


f:id:belphegor729:20210219213524j:image

この本何なんでしょうね。原作に登場するマジックアイテムなんでしょうけど、これがこの世界の要石なのかも
f:id:belphegor729:20210219205102j:image

 

 また、ポストクレジットのシーンで

6話で退場したかと思っていたクイックシルバー=ピエトロ・マキシモフが再登場

この感じだとアガサ・ハークネスと協働しているように見えます。


f:id:belphegor729:20210219205109j:image

襲われるのか?と思わせておいて、アガサの洗脳から開放されたからモニカに協力するっていう引掛けもあるかもですね

 

ワンダビジョン

ワンダが主役の作品と思わせて

作品そのものの主役はモニカランボー

劇中劇の主役ですらアガサ・ハークネスと

気づいたらワンダファミリーが完全にわき役と化していますね💦

 

今回分かったことは、

ヘイワードはやはりモニカと敵対するポジション

ヘックスの中で暗躍していたのはアガサ・ハークネス

クイックシルバーをヘックスの中に招き入れたのもワンダではなく、ついでに言うとヘイワードでもなくてアガサ

だから劇中劇の登場人物であることを自覚していたんですね

 

おそらく次回以降に開示される重要な事項は

ヘックスを作ったのはアガサなのか

双子ちゃんもアガサがクリエイトしたのか

そして

アガサとヘイワードの関係ですね。

 

原作ではヴィランではないので、アガサ悪い笑い方をしているけどそこまで悪いやつではないのかなぁと思いつつ、

パターン1はとりあえずヴィジョンが悪用されそうになっていることに気づいて遺体を強奪したはいいものの途方に暮れていたワンダを気遣って都合のいい世界をアガサ用意した。

だから積極的にヘックスの外に目を向けさせようとするモニカの邪魔をした。

 

パターン2はワンダが作った偽りの楽園に侵入してワンダに何かを吹き込もうとしている。その何かによって、ワンダはスカーレットウィッチとして覚醒するのかなと思ったり。

ここまではアガサとヘイワードは無関係という想定の下の予想なんだけど

 

パターン2はもう少し分岐して、アガサとヘイワードがヴィジョンの遺体を奪還するために共謀しているパターン。

だからアガサに召喚されたクイックシルバーは探りを入れていたのかなぁと

そしてアガサが自称の通り魔女だったとしたらクイックシルバーはやっぱりX-MENユニバースから拉致られたんかなぁ

 

多分、アガサは魔法使いのパワーソースとしてはワンダよりもDrストレンジ寄り

そう考えるとDrストレンジ2がマルチバースに触れていくことを考えればクイックシルバーがほかユニバースから来たというのはほぼ確定でいいんじゃないかな

 

そうなってくると気になるのがワンダの2人の子供ビリーとトミーですが

ちゃんとしたワンダの子供の可能性もあるし

アガサの地下室で双子の影も形も見当たらないのはアガサがCreateしたまがい物の可能性も否定できない

 

もう劇中劇がその”てい”をなしておらず、物語自体もかなり収束に向かってまとめ始めましたね。

あと2話でどうまとまるのか、それともまとまらずにDrストレンジに謎を残していくのか

 

個人的に後者はやめてほしいなぁと思いつつ、あと2話を楽しんでいきたいと思います。