Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

新進気鋭のシューメイカー「Siroeno Yosui」さんのオーダーに立ち会ってきました!

 

前からお伺いさせていただきたかった

Siroeno Yosuiさんの工房に遊びに行ってきました!

 

 

Siroeno Yosuiとは

 

 シロエノヨウスイさんは昨年11月に立ち上げられた出来立てほやほやのビスポークブランドです!

 

 

siroenoyosui.jp

片岡さんと髙井さんの2人で営まれているブランドで

過去にもビスポークブランドの一覧で紹介したことがあります

belphegor729.hatenablog.com

 白江野用水は片岡さんのご出身である三重県にあるそうなので

そこからとられたのかな?ブランド名の由来聞いてくるの忘れた💦

流れるような響きが素敵なブランド名です。

 

 

 カタオカさんとは過去のSSMでお会いしたことがあり、

またVASSの個人輸入でも大変お世話になった方でもあります。

 

belphegor729.hatenablog.com

 

いざ工房訪問!

 

去年の秋口にすでにオーダーされている方から工房に遊びに行くお誘いを受けていたのですが、其れが流れちゃって 

前回のSSMで片岡さんと髙井さんにお会いできたので、工房に遊びに行くお約束をさせていただいたんです。

belphegor729.hatenablog.com

 

その後、シロエノさんでオーダーを検討していて、

サンプルの取り寄せをお願いされていたbabooconさんと一緒に行くことになり、いざ当日

ANSNAMさんでオーダーした後に日暮里で合流して突撃しに行きました!

 

belphegor729.hatenablog.com

 

 

シロエノヨウスイさんは 趣のある建物の2階にありまして

チャイムを鳴らして中に入っていきます。ワクワクですな。

 

 

f:id:belphegor729:20200303082624j:image

 

靴を脱いで入った先は男の子の心をくすぐる作業場といった感じで

靴に使う革や、片岡さんのコレクションであるビンテージシューズ

またこれまでのお客さんの仮靴などがきれいに並んでありました。

 

鹿スェード

 

私は割とノープランで遊びに来たので、

先ずはbabooconさんが取り寄せをお願いしていた革を見せてもらいました。

 

それがこちらなのですが・・・

実に珍しい鹿革のスエード
f:id:belphegor729:20200303082606j:image

 

しっとりとした毛並みでずっと触っていたい魔力がありました

スエードは革の床面ですが、銀面の方も柔らかい手触り


f:id:belphegor729:20200303082634j:image

 

鹿革は水に強く、そのスエードで作る靴は最強の雨靴だと言われていて

babooconさん前から鹿革のスエードシューズを検討されていたのを覚えています。

で、色々なシューメイカーさんに相談されていたのですが

あまり良い回答を得られていなさそうだなとツイートを見て感じていたのですが

シロエノさんはタンナーさんとつながりがあるそうで今回入手ができたそうです。

 

「どんな色がありますか?」

と聞くbabooconさんに

「タンナーさんが染めてくれるので

ある程度どんな色でも対応できますよ」

と衝撃の回答をする片岡さん

 

シロエノさんが用意されている革のサンプルブックからほしい色に近い革を捜すbabooconさん


f:id:belphegor729:20200303082656j:image

 

これはもうオーダーする流れだな・・・

と見ていたら

「よし、オーダーします!」

と決断するbabooconさん

 

かっけー

 

そのままオーダーのヒアリングに移行

 

シロエノヨウスイさんのオーダー詳細

デザインのヒアリング

 

本格的にオーダーということになりましたので

ヒアリングシートを取り出す片岡さん。

まずはbabooconさんの希望の仕様を聞き取っていきます。


f:id:belphegor729:20200304175546j:image

 そしてその様子を写真に撮る髙井さん

を撮る私

 

ヒアリングした内容をもとにスケッチ描いていく片岡さん
f:id:belphegor729:20200303082729j:image

まずはおおよそのデザイン

 Babooconさんのなかでいくつかオーダーのアイデアはあったようですが

ヒアリングの中で突き詰めていった結果

ホールカットで行くことになりました。

 

 「ふつうホールカットだとシームレスヒールってできないんですけど

 縫い目を踵からずらすことで出来るようにしていますよ」

との提案で、かかとはシームレスヒールに

 

また

ホールカットというエレガントなデザインなので踵もエレガントな感じにするのはどうでしょうというご提案で

「接地面に向けてだんだんと踵が小さくなるピッチドヒールというデザインもありますが、うちは弧を描くように小さくなるデザインを得意としています」

とのことで

それを選択

↓サンプルで見せていただいたのがこちら

 「カーヴンヒール」

 と呼んでいるそうです


f:id:belphegor729:20200303082745j:image

 

雨用の靴で考えてらっしゃったので

ラバーソールはできるか相談されていたのですが

ラバーだと手縫いができず、機械縫いとなり外注となること(所謂9分とか9分半仕立てになるんですかね?)

機械だとウェルトの目付がきれいに出るかやってみないとわからないがむつかしいとのことで

 

レザーソールにハーフラバーを張る方向になりました

 

レザーソールだと取り入れられる意匠が多いのもいいなと思うんですよね。

今回はフィドルバックとベベルドウェストも採用されていました

この靴と同じ仕様で、接地面にラバーを張る感じですね!
f:id:belphegor729:20200303082757j:image

 

実際に仕上がったスケッチはこちら

これをもとに仮靴を作成します。


f:id:belphegor729:20200303082822j:image

 

 

採寸

 

デザインが決まったら次は採寸に移ります。

鯨さんも使っていた

 

belphegor729.hatenablog.com

 

感圧紙を踏んで足にかかっている加重を転写します


f:id:belphegor729:20200303103203j:image

 さらにヘラのようなもので足の輪郭をなぞる片岡さん。

一枚のシートで、足の加重と足型両方ともとるようです。


f:id:belphegor729:20200303103212j:image

 

さらにボールジョイントや甲周りなどを巻き尺で採寸していきます
f:id:belphegor729:20200303103222j:image

 

きつく締めた場合と、緩めた場合で2種類のデータを書き込んでいっています。
f:id:belphegor729:20200303103233j:image

 


f:id:belphegor729:20200303103245j:image

 

足に痛みが見えるところもマークでチェック
f:id:belphegor729:20200303103255j:image

 

 

 

 さらにさらに2本の定規で巧みに指の付け根などの高さを図っていく片岡さん


f:id:belphegor729:20200303103317j:image

 

奥さんのパンプスをオーダーしたときも同じようなことをされていました

 

belphegor729.hatenablog.com

 




f:id:belphegor729:20200303103342j:image

 


f:id:belphegor729:20200303103419j:image

 

babooconさんは踝の下が痛むことがおおいようで

f:id:belphegor729:20200303103429j:image

傷の高さもメモ



 


f:id:belphegor729:20200303103520j:image

 さらに写真も撮って映像としても残しています


f:id:belphegor729:20200303103530j:image

 最終的に出来上がった採寸シートがこちら


f:id:belphegor729:20200303103546j:image

 

これを両足やって、採寸は終わりです。

 

最後に

babooconさんいいなぁ

スエードのホールカットって全然イメージがわかないので

私の靴ではないのに出来上がりがワクワクしますねw

babooconさんも今回の体験をブログにしたためられたそうです

 

 

SiroenoYosuiさんは初回木型製作費・シューツリー付きで191,000円ぽっきり

基本的にはアップチャージはなしとのことです。

2回目は木型代がなくなるので大幅な修正がなければ166,000円とのこと

 

とりあえず今日からシロエノ貯金を始めます。

 

とりあえずお昼ご飯抜けば

昼食800円・20営業日計算で

800×20×12=192000や

おお、びっくりするくらいぴったし

いけるいける(白目)

 

にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村