Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

金田一連十郎さんのラララで号泣する

過去に百合漫画でも紹介した金田一蓮十郎さん

 

 

belphegor729.hatenablog.com

 


私の世代だとやっぱりデビュー作の「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のインパクトが強くて、少年誌のギャグマンガ家ってイメージが強いんですが

ジャングルはいつもハレのちグゥ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)


いま改めて見直すと、線は太いもののタッチが柔らかくてちょっと異質だったかもしれないなぁと思ったり。

私が、ハレグウが掲載されていたガンガンを呼んでいたのが小学生の頃なので、そろそろ漫画デビューして20年とかになるんじゃなかろうか、と思っていたらとっくの昔に20周年越えてた。こえー時間がたつのこえー

で、金田一蓮十郎さん女性誌でも大活躍していて結構作品が実写化とかされているのですが、前述の記事で紹介している「マーメイドライン」は柔らかなタッチで様々な世代の女性の内面を浮かび上がらせている傑作だと思っています。

で、過去にブログで紹介した「花子くん」と「王妃ベルタ」が公開されている話まで読み終わってしまい、「その着せ替え人形は恋をする」に至ってはアプリ未掲載分も単行本を買って読んでしまったので、
次に読み進めた漫画の一つが


本作者の「ラララ」でした

 

magazine.jp.square-enix.com

簡単なストーリーですが
会社をリストラされ、同時に彼女にも降られてしまった主人公の士郎が飲んだくれて意識がもうろうとしていることろに謎の女性にそそのかされて謎の雇用書にサインをしてしまう。
サインした書類は実は雇用書ではなく婚姻届けで、士郎は謎の女性の主夫として暮らすことになるのだった。

といういびつな人間関係から始めるファミリーストーリーになります。
謎の女性亜衣が結婚した理由が「男性に言い寄られるのがうっとうしくて男除けにバツイチになりたかった」というかなり理不尽なもので、
彼女に振り回されていることが不満な士郎は「慰謝料も払うし離婚しよう」という彼女の申し出を断りるが、今度は「家事の手を抜くようであれば雇用を破棄する。そっち有責で離婚な」と脅されてしまう。


そんな奇妙な関係の二人がだんだんと夫婦になっていく物語で、主人公の士郎君もなかなかなんだけど、それ以外の登場人物の癖が強すぎて面白いですw

考えてみればデビュー作のハレグウの登場人物もギャグマンガにしては重い設定のキャラ多かったんですよね。初期のころからそういったテーマを扱うことに長けていたんだなぁとおもったり。マーメイドラインもトランスジェンダーでレズビアンだったしねぇ。

特にヒロインの亜衣さんは家庭環境が複雑で、
両親がおらず祖父母に育てられ、祖父は他界、祖母は医療ミスで寝たきりとかなり重いバックグラウンドを背負っています。
またコミュニケーションをとることが苦手で人の感情を推し量るのが苦手で思ったことをためらわず言ってしまうかなりとがったキャラです。

ただ、長く一緒に暮らしていくうちに亜衣さんとの付き合い方がわかってくる士郎くんの成長もほほえましいですし、彼にいい意味で影響を受けて変わっていく亜衣さんもとても良い。

そして、多分に漫画っぽい展開ではあるのですが、亜衣さんの歯に衣着せぬ物言いが、膠着した人間関係に風穴を開けたり、はじめは主夫ということで珍しがられて半ば強制させられた士郎君のご近所づきあいも、異物が投入されることでいい意味でグループが変容してきたりと、重たく複雑なテーマを扱っていながら読んでいてストレスがないですね。

こんだけ複雑で、登場人物に悪い人がいないのがいい。最初はちょっと悪くても、士郎くんと亜衣さんの夫婦に巻き込まれてみんな前を向きだすのが見ていて心地がいい。

特に、中盤から放置子の三宅君が登場し始めてから、家族とは何か、他人と他人が一緒に暮らすことはどういうことかについて、ものすごく真摯に向き合っているんですよ。凄いよ。
何この家族。あったけぇ
でもあった回だけでは済まない問題もあり、それを2人だったり、3人だったり
またその他の人間関係に助けられながらいびつで理想的な家族関係が展開されていて、ほろほろと泣きながら毎話読んでいます。

 

ラララ 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
 

 

最後に、マンガUPの裏技。
三宅君が登場するあたりから毎日2回付与される120ポイントの無料ポイントでは読めない先読みになっちゃうんですけど、これまた毎日2回広告を見ることで付与される有償ポイントのほかに、有償ポイントが枯渇した後に3回まで広告を見ることで先読みを含め漫画を読むことができます。これも毎日2回、動画広告と同様に0時と15時にチャンスがもらえますので、これらを合わせて毎日8話先読みを読むことができますよー
なので、先読みばかりになってきたらあえて枯渇させるのもありだと思います。