Let Life Loose

映画、漫画、革のブログです

ここまで全てが歪なの本当に凄い【#幸色のワンルーム】

漫画アプリで何気なく開いた漫画でどぎついあたりを引くと脳汁が出ますね

 

幸色のワンルーム(1)(DMMBooks)

 

今回紹介する漫画は

Pixivで始まったのかな?

マンガUPで最新刊発売で紹介されていたのが目に留まり読み始めたのですが

なかなか狂気にあふれていて読みごたえがある作品ですね

 

少女を誘拐したハル

ハルに誘拐された少女

世間では捜索願も出ているが

傷だらけの少女はハルから逃げることなく

逆に、警察と少女の良心から逃げ続けるゲームを提案する

報酬は結婚

捕まるときは一緒に死のう

 

違和感だらけの二人の関係を物語を進めながら読み解いていくミステリー仕立ての作品ですね

 

少女は初期の段階で、両親からの虐待を受けていることがわかるのですが

そんな彼女をストーキングし続け最終的に誘拐したハルもまたまともではない人生を送っていて

なぜ彼が彼女をストーキングし続けたのか、誘拐したのか

 

既刊9巻で常に新しい情報が開示されていくのでだれることなく、常に新鮮な気持ちで読み続けることができます

中盤で登場する探偵はちょっと都合がよすぎてファンタジーな存在ではありますが

特にハルの生い立ちが特殊すぎるのでそこらへんもちょっと紛れつつ

ハルと少女が到達しうるであろう一つの未来として提示されている感じもあります

 

物語の展開的に、おそらく11巻程度でエンディングを迎えるのではないかと思いますが

ここからさらにまだ出していない爆弾をいくつも抱えていそうな本作

まだまだ楽しみは続きそうです

 

この作品ドラマ化もしてたんですね

放送時期的に全然話が進んでいないころのドラマ化みたいで、終盤は完全にオリジナル展開みたいですね

ちょっと見るメンタルにはなれなさそうかなぁ

 

しかし最近はこういう形式多いですね。

今までって雑誌で公開した分を単行本化するのが通常なのに

単行本を先行販売して、アプリは追いかけで公開していく

思えばこの着せ替え人形は恋をするとか、薬屋のひとりごともそうで単行本買い始めたんだよなぁ

 

今回もまんまとはまってしまって、最新刊を購入しちゃいました

待てる人はアプリで、待てない人は単行本で

良いすみわけだと思うけど

こういう先が気になる系はなかなかアプリまで待てないよね

日常系だったら待てるけど

そして買ってしまったせいで、10巻がさらに待ち遠しい・・・