Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

謎が謎を呼ぶ ワンダビジョン 3話まで視聴したので感想を書いてみます

マーベルはフェイズ3までは映画とドラマの関係性は最小限にしていました。
直接関係するのはエージェントオブシールド(AOS)

 

 

とエージェントカーターくらい?

 

エージェント・カーター シーズン1 COMPLETE Blu-ray

エージェント・カーター シーズン1 COMPLETE Blu-ray

  • 発売日: 2016/02/17
  • メディア: Blu-ray
 

 

カーターは時代が違いますし、AOSのほうも整合性がだんだん取れなくなったと聞きます(シーズン1しか見てない・・・)
他のネットフリックス製作のマーベルドラマはもっとかかわりが薄いんですかね

そんなMCU 
フェイズ3で10年間のインフィニティサーガが完結し、
フェイズ4以降の新しいサーガは、映画だけでなくドラマも密接にかかわるとのことでした。

 

belphegor729.hatenablog.com

 


プラットフォームはディズニー+

【公式】Disney+ (ディズニープラス) |はじめてなら初月無料

公開するドラマは今のところ
ファルコン&ウィンターソルジャー
LOKI
そして、1月15日に公開された
「ワンダビジョン」


f:id:belphegor729:20210127135832j:image

ワンダビジョンはMCU最強のキャラクターの一人
「ワンダ・マキシモフ」
がアヴェンジャーズ/インフィニティ・ウオーで死んだはずのヴィジョンとの新婚生活を海外の往年のドラマ風に描くシットコム(シチュエーションコメディ)という形式で製作された
計9話のドラマになります。

disneyplus.disney.co.jp

ワンダビジョンは
ワンダがスカーレットウィッチに“成る“物語であり
またこれから公開される映画「ドクターストレンジ/マルチバースオブマッドネス(MoM)」にシームレスにつながる物語でもあるとの事。

もともとフェイズ4を楽しむためにはディズニー+に加入しないといけないとは思っていたし
ベネディクトカンパーバッチが好きで、前作ドクターストレンジもMCUの中でも好きな作品の一つなので、

 

belphegor729.hatenablog.com

 

MoMを全力で楽しむため
また、1年間なにも音沙汰のなかったMCUの新作に触れるため
ディズニープラスに加入してみてきました!

ということで感想です

コメディと銘打っているけど状況が状況なので笑えない

 

こう書くとちょっと批判的に聞こえるかもなんですが、今のところ楽しいです。
楽しいんですがコメディではなく完全にサスペンスですね

シットコムというと「アルフ」や「フルハウス」なんかが有名みたいですね。
私も小さいころに見ていました。

ただ、逆に言うとそれくらい昔に触れた程度で、やっぱりなじみが薄い
やっぱり笑いが大味ですよね。大げさというか
で、私割と共感性羞恥心が強いので、取り繕うとして失敗してさらにてんやわんやっていうのがちょっと苦手

コメディなのでてんやわんやしたあとなんやかんやでいい感じに終わってめでたしめでたしで1話が終わるのですが

ワンダビジョン見てる人は大体アベンジャーズ/インフィ・ニティウォーの顛末を見ているわけで

 

belphegor729.hatenablog.com

 


面白いかどうかよりも前になぜこうなってしまっているのかという観察であまりコメディが頭に入ってこないですねー

多分マーベルも本気でこのドラマで笑ってもらおうとは思っていないと思います。

本筋はワンダ・マキシモフがスカーレットウィッチに”成る”その道程

ただ、コメディの部分も手を抜かず、というか管理本気に作っているんだろうなとも思います。

経験豊かな監督を招聘し、過去のシットコムのオマージュもちりばめる。
私にはシットコムの知識がないのでなかなかついていけていない部分でもありますが
恐らくはかなりクオリティの高いものになっているんだろうなと思います。

 

ただ、もう3話の時点で、シットコムという建前を捨てている気がしますね。

 

1話のラストでこれがドラマinドラマであることを示唆し
2話、3話でワンダは時間に干渉し筋書きを書き換えている。

これにワンダが自覚的かどうかは解釈が分かれるところですね。
4話以降の展開が待たれるところだと思います。

 

ただ、個人的な見解としては、おそらくワンダはこのいびつな世界に望んで存在しているんだろうなと思います。

例えるなら、あまりたとえとして適切ではないですが
ドラクエユアストーリーのように

 

belphegor729.hatenablog.com

 


設定を上書きして、かりそめの世界でまがい物のヴィジョンと理想の生活を送っている。
それが、発展的な何かのためなのか、逃避なのかわかりませんが
都合が悪くなると時間を巻き戻しているので逃避かなぁ

3話ある中で放送された偽CMも1話だけスタークインダストリーで、残りの2話はハイドラマークがある製品であることも気になります。

そして、モノクロの世界に闖入したアイアンマンカラーのラジコンヘリ
ボディにはS.H.I.E.L.Dに代わる新しい組織であるS.W.O.R.Dのシンボル。

アメリカの事情には詳しくないですが、この時代にあまり黒人女性が普通に生活しているのはおかしいんじゃないかなぁと思ていたら、彼女の首にもS.W.O.R.Dの首飾り

それに気づいたワンダから世界の外にはじき出されたことを考えると・・・

多分間違っているとは思うのですが
ヴィジョンを失った現実を認められないワンダに接触したハイドラの残党によって
自ら望んで閉じた世界の中で覚めない夢を見続けているのかなぁと

2話のラジコンヘリは偵察、ハチの巣駆除みたいな装備をした人間はよくわからん
3話の黒人女性は、キャプテンマーベルの友人の娘が成長した姿という話ですし
S.W.O.R.Dがワンダをハイドラから奪還するミッションなのかなぁと思ったり。

まぁあと6話もあるので、もっと意外な展開はあると思うんですけどね。
あるいは奪還作戦まででは終わらないとか

 

早く4話が見たいですわ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村