Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

#社畜と少女の1800日 重いテーマをしっかりと描いていて読みごたえがありました!

悪役令嬢ものがまず恋愛モノの一形態というのもあって

 

belphegor729.hatenablog.com

 

悪役令嬢ものからさらに守備範囲が広がって

最近やたら漫画アプリで恋愛マンガ読んでいるんですが

やっぱり話題作は面白い

 

10巻までKindleUnlimitedの対象になっていたから休日出勤中の電車で読んでいたんだけど

 

 

世界観というか、主人公二人が魅力的過ぎてぐいぐい引き込まれて

最終的に対象外の11巻以降まで買って読んじゃいました

 

 

作者の板場広志さん成人漫画畑が長い人で、

まぁ私も若いころかなりお世話になったんだけど

 

まず本作の魅力はこの作者のバックボーンだと思うんだよね

 

ストーリーは

偶然出会った高校の同級生の女性が

娘をよこして失踪するところから始まる

まぁこれなんてエロゲな始まりなんですが

 

主人公である東根があまりにもいい人なので、そこから何も発展しないっていう

まぁ真っ当な感性の40のおっさんなら中学生の少女をそういった感情で見ることができないというのが普通だと思うんだよね

 

そういう普通のおせっかい焼きの人が少女の代わりに傷つきながら、迷い、悩みながら共同生活を続けていくのがすごく尊くって

 

彼のことをティピカルに「社畜」とカテゴライズしていて、

ありがちな漫画だとただくたびれていて自堕落なキャラクターにされるだけなんだけど

彼が社畜である理由は、自分が苦労すればいいと、頼まれたことを断れない彼のやさしさなんだよね

 

そんな彼にひかれていく少女、優里

その気持ちは恋というには歪んでいると自分を律する東根

 

そこにさらにいろんな人間関係が重なっていって

 

中学生から高校生を卒業するまでの1800日

およそ5年

 

幼かった優里が一人の女性として成長していく

 

特に、生きていけるだけだった最初のころから、周りが見えるようになり、夢ができ、さらに人の輪が広がっていく

 

本当に父親の気分で読んでますよ

 

そして前にも言った通り作者が成人漫画出身だから

そこにある感情たちがどこか暗い

 

優里ちゃんの出生の重さもそうですが

 

特に優里ちゃんが東根に抱く感情も含め

禁忌の愛について、

或いは血縁関係の無い、年の離れた男女が共同生活をすることが現実として周りにどう見られるか

そういう、よくある漫画ではナァナァに流すところを、

茶化すことなく、かといってことさら美化もせず

重い重い問題として丁寧に向き合ってくれているので

そのうえでのラストに思わずぐっと来てしまいました

 

またサブキャラクターも凄く魅力的で

優里ちゃんを囲むお友達は、中学の時もそう、高校の時もそう

本当にいい子たちばっかりで、親の縁には恵まれなかったけど、その分人の縁には恵まれてよかったなとほろりと来ることがしばしばあるし

何よりも個人的には東根の上司の桐谷が本当にいいキャラしている

さばさばしつつ、人当たりもよくて

若くして管理職になるくらいに頭も切れる

その頭の切れが本当に頼りになって、東根も優里ちゃんもどれだけ助けられたか

まぁ東根はその分社畜としてこき使われているけど

使うだけでなく自分も身を粉にして働いているところもしっかり見せるので、

うん、まぁいいんじゃない?ってなるのほんといい塩梅

こういうキャラクターを嫌味なく動かせるのってなかんなかむつかしいんだよね

 

ということで、社畜と少女の1,800日の紹介でした

最近読んだ完結した恋愛マンガだと

最近推しの子で人気爆発している

横槍メンゴさんのクズの本懐とか

 

 

ホリミヤとか

 

読んだんだけど

社畜と少女の1800日が頭一つ抜けてるかな

かなりおすすめです

 

KindleUnlimited入っている人はまさに今がチャンスだし

入っていない人でもピッコマで

社畜と少女の1800日|無料漫画(まんが)ならピッコマ|板場広志

128話中81話までそれこそ10巻分まで無料ポイントと待てばタダで読めるので

 

 

そして今ならブラックフライデーセールでKindleで全巻半額!

もう全部買っちゃおうかと

 

 

 

マジで今がチャンスですよ!