Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ファルコン & ウィンターソルジャー 第2話

思った以上に話が動きました バッキー&翼第2話

 

belphegor729.hatenablog.com

 

ワンダヴィジョンの時から毎週こちらのYoutubeライブのアーカイブを月曜日に聞きながら出勤するのがルーティーンになっていたのですが

 

www.youtube.com

 

いや、本当にここ凄いよ。こんなPV名のもったいないよ!

 

と、感想を交えつつ、今後の展開を予想していきたいと思います

 

 

ブラックキャプテンアメリカ登場!!

実はこちらの動画での考察で予想されていたブラックキャプテンアメリカ

f:id:belphegor729:20210327161424p:plain

今回いきなり登場しましたね。

 

イザイアはこのアイゼア・ブラッドリーでしょう

詳しくはぜひ動画を見てほしいですが、とある事情で米国政府に使いつぶされた後は反逆罪の汚名を着せられ長年投獄されています。

アイゼアのスペルはIsiah イザイアとも読めますね。

偽名か、もしくは本作ではイザイアブラッドリー読みなだけかも

お子が字幕で見るの嫌がるので吹き替えで見ましたが字幕で見直したら「アイザイア」って言ってましたね。これは確定ですね

 

今作での活躍は、おそらく今後真の2代目キャプテンアメリカを襲名するであろうファルコンに

黒人が米国の象徴になるということについてのネガティブな意味を叩きつけ

それでもスティーブの遺志を継ぐのか

覚悟を問い、覚悟を決めさせる存在になるんだろうなと思います。

絶対熱い展開ですね!

楽しみです

 

 

2代目キャプテンアメリカ

2代目キャプテンアメリカことジョン・ウォーカー

思ったほどの悪人ではなかったですね

ただ、序盤こそ好印象だったけど

ずっと秋風を送っていたバキツバに振られてちょっと暗黒面が最後に顔を出したような

 

スティーブロジャースがその高潔な精神を見出された結果新兵ながらキャプテンアメリカに選ばれたのに対し

やはり2代目は米国軍人のエリートとしての経歴、そこに至るまでの愛国心を買われてキャプテンアメリカを拝命したので、何に忠誠を誓っているのかに違いがありますね。

 

いや、スティーブの忠誠の先が変化球なだけなんだけど

バッキーもファルコンもそこに気づいているからこそ、安易に彼からの誘いに首を縦に触れないのはよくわかる

 

しかし、超人血清なしであれだけ動けるのは凄いとは思うけど、超人血清による人間離れしたテクニックで盾を飛ばしていたと思っていたので

常人のジョンがあれだけ巧みに盾を飛ばせるのはちょっとなぁと思ったり。

彼はアメコミでは別のアメリカンヒーロー「U.Sエージェント」らしいですね。

 

 

あ、コスチュームもまんまだ

 

ja.wikipedia.org

 

USエージェントの情報は日本語ではあまりないのですが、キャプテンアメリカのウィキペディアを見る限り、原作でも政府からの任命でキャプテンアメリカを名乗っていた時期がある模様。

原作通りの展開が今後あるのであれば

ファルコンが後継者としての自覚を持つにいたる話がファルコン&ウィンターソルジャーだと思っているので

キャプテンアメリカとしての資質を認め、ファルコンに盾と称号を譲り渡して(原作ではスティーブの復帰ですがもうそれはない)USエージェントを名乗る展開はありそう。

 

まぁ、スティーブにしか使えないはずの盾をこれ以上使いこなす人間が出てくるのもやだなーってちょっと思ったりはしますけどね💦

 

おそらくバキツバに対する嫉妬心のようなものでネガティブな感情にとらわれて、良い目的のために悪い行いをするんだろうなと予想。

1話で「軍がいじって変になる」とファルコンが嫌味を言っていたレッドウィングは危惧通り発信機をつけられていましたし

まぁ目的のためにダーティーなことは結構してきそうですね。それについて悪びれていないことも、それで相手を不快にさせていることにも気づいていないというか

軍の論理では問題ないと不快に思うことこそおかしいという態度をとるところがとても危うい

 

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」ジョン・ウォーカー役俳優、物議醸す設定に「そんなに嫌わないでほしい」 | THE RIVER

 

へー、そうなんだ。確かにどことなく似てるかも

 

道徳的なスーパーヒーローの世界になじもうとして、そこにジレンマを抱えているキャラクターはそう多くないと思います。ジョンはキャプテン・アメリカとしての役割を担うことになり、自分なりにやってみよう、正しいことをしようとしている。ただし彼の方法は、訓練された“人間狩り”としての日々で培われてきたもの。非常に特殊ですが、それが海軍のやり方です。彼らはスティーブ・ロジャースじゃない。ボーイスカウトではなく、もう少し荒々しいのです。」

 

兵士として有能であり、正しい行いも、ヒーローとして正しいかというと違う

そこのジレンマに悩む

既にトニースタークに毒されていたベテラン軍人のウォーマシーン=ローディとは違い

軍人としては突出してはいてもあくまで兵士であり指示を受ける側であるジョン・ウォーカーの危うい立ち位置も本作の見どころになりそうな予感

 

ヘルムート・ジモ

 

また、最後に牢獄にとらわれているジモにファルコンとバッキーが合いに行くところで2話が終わりましたが

予想される展開は2つ

 

1.ジモは敵にならない。なんやかんや協力する

2.フラグスマッシャーを陰で操っていたのはジモ。バキツバを利用して牢獄から出て、すきを見て脱出、フラグスマッシャーズに合流

 

1.原作のジモはヒドラの構成員でしたがMCUでは違い、バックボーンは決してヴィラン寄りではないのと、最初に紹介した動画では海外のインタビューについても言及されているのですが、ジモの作中での役割は意外性があるとの発言があったようなので、スクラル人のように役割が反転する。

 

 

2.ヒドラの構成員ではないものの、国や既存の組織というものに対して懐疑心や反感を持っていると思うので、ボーダーレスな世界を希求するフラグスマッシャーズに共鳴、あるいは結成しており、キャプテンアメリカ2での彼の行動はあくまで私情、本来の彼の役割はフラグスマッシャーにある。

 

キャプテンアメリカ2でブラックパンサー2の父、ティ・チャカを殺害したことを後悔しているはずなので、1であってほしいなぁとは思うのですが

 

 

 

 

とは言え最後に「これで終わりではないさ」的な捨て台詞も吐いていたので

まぁ順当に2なんだろうなぁ

 

おそらくキャップ2の時点でフラグスマッシャーズは存在しており

ヘルムート・ジモはフラグスマッシャーに参加、もしくはフラグスマッシャーズを結成しており、実際は個人の犯行ではなく、フラグスマッシャーズという組織のネットワークを利用して、ヒドラの残党を探したり、バッキーの行動を監視していたのではないかな。

 

逮捕されたジモの救出はフラグスマッシャーズにとっても至上命題の一つだろうし

今までの暴動は陽動で、本筋はジモを監獄の外に出すこと、という可能性は十分にありうるかと

 

 

 

あのマスクをつけてヒーローってのもやだしなぁw

 

またフラグスマッシャーズの会話の中でパワーブローカーという単語が出てきましたがこれもマーベルのヴィランの一人でマッドサイエンティストらしいので

f:id:belphegor729:20210327174904p:plain

フラグスマッシャーズの超人血清の出どころはここでしょうね。

 

このパワーブローカー経由で米軍の暗部と繋がっている可能性もちょっとあるので

そこはぜひ動画を見てほしい。

【怪しい人物も登場?】MCU最新作「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」第1話のトリビア - YouTube

 

追記)

見返したら2回目の指パッチンの後にできたみたいですねフラグスマッシャーズ

「半年前はこんなに支援者が増えるとは思っていなかった」 

とも言っていたので、若い考えていき急いでいる組織に見える

まぁパワーブローカーがそこにあとから参加して組織を育てていて

パワーブローカーとジモがツーカーという方向性かなぁ

 

今晩は2話のトリビア動画も配信されるのでぜひ見ましょう。

というのが今回私がブログでお伝えしたかった一番のことです。

 

www.youtube.com

 

サムネが思わせぶりすぎる・・・

 

3話も気になるけどトリビアの内容も気になるw