Let Life Loose

アラフォーおじさんが、気になる靴ブランドの情報や、メルカリで販売中のハンドメイドレザーアイテムの紹介、またお勧めの映画や漫画の紹介をしています

細やかな木型調整が一押しポイント!JOEWORKS(ジョーワークス)の詳細です。

 最高の靴を受け取って興奮冷めやらぬべるです。

 

belphegor729.hatenablog.com

 

が、とりあえずいったん落ち着いて、

受け取ったJOEWORKS(ジョーワークス)の靴についてレビューをしたいと思います。

デザインはUチップ

まさか自分がUチップの靴を買うことになるとは、革靴沼に沈み始めたころには想像もしませんでしたが、そもそもあの頃は黒靴よりも色靴のほうが多くなっているとも思っていなかったので、先見の明がなさすぎますね。

 

実はUチップはブロセントさんで作ろうと思っていたのですが、

 

belphegor729.hatenablog.com

 

紆余曲折あってJOEWORKSさんで頼むことにしました。

 

belphegor729.hatenablog.com

 ブロセントさんのUチップもべらぼうにかっこいいんですけどね。

 

前置きが長くなりました。

まずはフロントビュー



f:id:belphegor729:20191023070559j:image

 

ヰ藤さんから磨いてもらったトゥの輝きがまぶしいです。

こう見ると、羽根は内側よりも外側のほうが長くできているんですね。

 


f:id:belphegor729:20191023070619j:image

Uチップのモカのデザインは複数ありますが、こちらはつまみモカ。

皮をつまんで塗ったようなデザインで、ぷっくりとUの字で膨らんでいるのがかわいいです。

ブロセントさんのは2枚の革の床面を縫い合わせた拝みモカと言ってちょっと違うんですよね。

 素材は、幻の革といわれるロシアンカーフに似せた型押しで仕上げたホーウィン社製のハッチグレイン。

 

belphegor729.hatenablog.com

 

カラーはダークブラウンですが、結構赤が強めです。


f:id:belphegor729:20191023070648j:image

 

羽から後ろはムラ感が美しいミュージアムカーフのグレー

割とネイビーよりのグレーです。

f:id:belphegor729:20191023070721j:image

シームレスヒールにしましたので、ハッチグレインで1枚ミュージアムカーフで1枚のとてもシンプルな構成になりました。

 

ヒールのドアップどーん

きゅっとすぼまった履き口が美しい。

2重のステッチも綺麗です。
f:id:belphegor729:20191023070809j:image

 

サイドビュー
f:id:belphegor729:20191023070856j:image

 


f:id:belphegor729:20191023070911j:image

踏まずの抉れからも木型の良さがわかります。 


f:id:belphegor729:20191023070926j:image

 ソールはダイナイト

シボ革は雨に強いので、全天候で履けるようソールも雨使用です。

地味にラバーソール初めてなのよね。



f:id:belphegor729:20191024072732j:image

インソールもデュプイカーフにアップチャージしています。

 

 

今回は合わせてシューツリーも購入。

JOEWORKSさんは金額で3種類シューツリーがあって、

一番高いのがヒンジタイプのもので26000円

JOEWORKSさんの木型から起こしたツインチューブタイプのものが18000円

既成のものでJOEWORKSさんの靴に一番合うものを選んだものが8000円

接客してくださった社長の駒澤さんも「自分で使っているのは8000円のやつですよ」

とのことだったので、迷わず8000円のもので。

高いものは、コレクション性とか、ツリーそのものの美しさも評価される人のためのものなんでしょうねきっと
f:id:belphegor729:20191023070942j:image

 

 

その他付属品は、青いシューズボックスと
f:id:belphegor729:20191023071021j:image

 

これまた青いシューズバッグ
f:id:belphegor729:20191023071032j:image

 

受け取りの翌々日に履きおろしました。

 

 

ツイートでも書いていますが、小指の圧迫感は感じられなかったので、当日小指にダメージを与えやすい靴で訪問したのが良くなかったのかもしれません。

ヒールもゆとりはありますが履き口が小さいので、踵が必要以上に浮くことがなく、とても快適です。

ラバーソールでソールの返りが良いのも踵が痛まない要因かもしれません。

 

そして一日はいたあと

涎が止まりませんね

しっかり育てていこうと思います