Let Life Loose

アラフォーおじさんが、気になる靴ブランドの情報や、メルカリで販売中のハンドメイドレザーアイテムの紹介、またお勧めの映画や漫画の紹介をしています

念願のJOEWORKS(ジョーワークス)でオーダーをしてきました!

 「ENLIGHTMENT」

    「ショーンハイト」と続き

 

belphegor729.hatenablog.com

belphegor729.hatenablog.com

 

 

土曜日の最後のイベントは、知る人ぞ知るパターンオーダーの名店
「JOE WORKS(ジョーワークス)」
でのプチオーダー会でした

 JOE WORKSの詳細については、また過去記事をご参照いただきたいのですが
 

 

belphegor729.hatenablog.com

 


 一言でいうと、グッドイヤーウェルト製法からさらにひと手間加えた、マシンメイドのクオリティの限界に挑戦しているブランドで、おそらくこの価格帯のパターンオーダーではかなり細かくフィッティングをしてくれるのも特徴です。

 私は去年の秋に一度お伺いしてから、必ず1足作ると決めており、今年の春に開催されたsakai-san主催の靴磨きを楽しむ会で、同じ思いを秘めた仲間を発見し、一緒にオーダーをしに行くこととなりました。

全員の日程がそろわなかったので、2チームに分かれて、
私のグループは「Enlighatment」の日程に合わせる形で29日にオーダーという流れになりました。

 オーダールームにはデザインサンプルが所狭しと並んでおり、これを見るだけでも眼福です。



f:id:belphegor729:20190702142827j:image

基本的にはここからデザインを選ぶ形になりますが
 型紙は木型ごとに用意しているようで、違う木型のデザインを選ぼうとすると、別途型紙作成費がかかるようです。 
 しかし、一度型紙が作成されれればその後同じデザインを作成する方は型紙作成費がかかりません。
 これまでにオーダーのあったデザインはインスタグラムで公開されていますので、こちらを確認しながらデザインの妄想を膨らませていくとよいと思います。

 f:id:belphegor729:20190702142813j:image

 

JOE WORKSは大きく分けて木型が2種類
ラウンドトウとセミスクエアトウになります。
見た感じラウンドトウのほうが少しぼってりした感じ
セミスクエアトウでも、コバの形を丸くすることでラウンド感を出すことができますよ、とのことでした。


 そこから、フィッティングサンプルを試着して大体10分程度ならし、足の傷み具合を確認したうえで木型の調整の相談をします。
 今回コインローファーだをオーダーする予定ったので、ローファー用のフィッティングサンプルで確認。


f:id:belphegor729:20190701081251j:image

 相変わらず右の小指が痛い。とても痛い。
 左の小指も10分履いていると少し痛み出してきます。
 右の痛みは履いてすぐに感じるのですが、左の小指の痛みは10分以上履いていないと確認できなかった痛みです。
 また、私は踵が弱く、特に右の踵が良く痛むので、それもフィッティングを担当してくださってる駒澤さんにお伝えします。

 一通り、サンプルシューズを履いた時の問題点を確認したうえで、
 両足の形を確認。


f:id:belphegor729:20190701081152j:image

f:id:belphegor729:20190701081220j:image

足方を確認し、甲周りとボールジョイントの長さを2か所確認します。
 私はボールジョイントの長さの左右差が、5㎜あるそうで、これは当日オーダーをしたほかの方と比べても倍くらい差がありました。
 右でかいなぁ・・・
 ということで、乗せ革をすることで確定。
 したのですが、踵の痛みについて相談したところ、
 「ちょっと靴下を脱いで踵を見せてください」
 といわれ、お見せしたところ
 「病院に行ったほうがいいかもしれないですよ・・・」
 と、衝撃の提案。
 え?まじすか
 「たくさんの足を見てきましたけれども、ここまでひどいのはなかなかお目にかかれないです」

 どこに行けばいいんだろう?整形外科?

 


 こんな足でローファーオーダーしてもいいのだろうかと、当初考えていたUチップのデザインの話をしてみたところ
 「できますよ」

 マジカ

 使いたい革の在庫を確認し、作成可能とのことでオーダー変更

 

f:id:belphegor729:20190701081230j:image

スリッポンを脱ぎ、紐靴のフィッティングサンプルを試着。
 サンプルの乗せ革をする個所に銀ペンのようなものでぐりぐりとマークを入れる駒澤さん
 
 「この踵だと、正直乗せ革などしても痛みは出ると思います。先に治療したほうがいいですね」

 グサ べるに10のダメージ
 
 とはいえやらないよりはやったほうがいいと思ったのでそこもお願いし、フィッティングは終了。
 1時間くらいかかったのでは?
 本当に丁寧でここまで??というくらい細かくヒアリングを行ってくださったので、きっと出来上がりも素晴らしいだろうと、期待せずにはいられません。
 
 ちなみにデザインはこちらで、トゥのつまみを消したデザイン。

 


 革は、フロント部分はハッチグレイン

 

(三人ともハッチグレインでのオーダーでした)

 

 踵から外羽根にかけてをミュージアムカーフグレー(これの在庫がなかった)
 踵はアップチャージを乗せてシームレスヒール
 ライニングはアップチャージなしのノーマルライニング(4色ほど選択可能)と
 デュプイ(アノネイだったかな?)の生成りのライニングが選択可能で、デュプイの生成りを選択
 ソールはダイナイト
 
 という、出来上がりが想像できない変体仕様となりました。
 今のところ完成は10月の予定。10月が待ち遠しいです。


 また、アフターフォローも充実しているそう。

 作った後も対応してくださるのは本当にありがたいです。

 また、完成したらご報告します。

 

【10月23日追記】JOEWORKSから完成の連絡がありましたので受け取りに行ってきました。



 

belphegor729.hatenablog.com