Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

とうとう緊急事態宣言が出ましたね、、、

 
日曜日に東京で感染者が140人と発表されたときに、これは週明け動くなと思いましたが

 

しかしこの感じだと市町村までのしていはしなさそうだなぁ

うちの県はあまり深く踏み込んだ措置はとらなそうだし

 

 

belphegor729.hatenablog.com

 

 

今の状況では仕方がないのかもしれません。

ただ、個人的には非常事態の宣言が本当に必要だったのかな?というのは疑問だったりして。

 

なぜかというと、
非常事態宣言に伴う制限、

いわゆる私権の制限は医療物資や臨時病院のための土地の接収にとどまり、 個人の移動の自由の制限などはかけていないこと

 

また、非常事態宣言とセットで語られる自粛要請に伴う補償は、

非常事態宣言の根拠である「新型インフルエンザ等対策特別措置法」には記載がないからです。


記載がないと思う。あったら教えてください。前言撤回します。
たぶん接収による被害の補償しかないと思うんだよなー

 

だから、一部Twitterなどで見受けられる、
「非常事態宣言が出れば自粛させられるし、させたのだから補償もされる」
という理解はちょっと違うのではないかと、思うのですよ。

 

自粛による売り上げ減、人件費の負担については、もちろん全額ではないですがすでに経済対策として動いていますし

 

非常事態宣言と合わせて打ち出された「緊急経済対策」のほうで謳 われています。
こちらのほうは経済の話なので、非常事態宣言とはまた別なんですよね。

また、非常事態宣言がなされても結局命令は出せないとは言いますが
要請に応じず指示を出した場合は、指示内容が公表されますので、
そこは自粛をする心理的ハードルにはなると思います。

 

また、同じ要請であっても法的根拠があるのとないのとで市民の心理的印象が違うのでは、という話はあります。

 

で、何が言いたいのかというと、正直非常事態宣言“のみ”がでても、国民としてはなにもいいことがないと思うんですよね。

首相も非常事態宣言は経済に打撃を与えると宣言の中で話をされていましたし。

 

 

本来であれば、非常事態宣言も出ず、みんなが他人事ではなく自分事として考えて、何が必要で何が不必要かを自ら判断して生活して いけば

経済対策は非常事態宣言とは別建てで動いていますから、非常事態宣言が出なくても追加の緊急対策は打たれたでしょう。

 

それの早い遅いや、対策の対象範囲についての批判はもちろんあろ うかと思いますが

 

非常事態宣言が出るかどうかは
自分たち一人一人が考えて行動するのか
国に強制させられて自粛させられるのか
という違いだと思うんです。

あれはしていいの?これはだめなの?
というのは、いちいち国が基準を示す話じゃなくて
自分一人一人が、コロナウィルスについて(今のところ)正しい情報を自分たちで取りに行って、自分たちで判断するもんなんじゃな いんかねぇ。
違うんかねぇ。

三密だけど通常出勤ですとか愚痴愚痴言うやつもいるけど府県が自粛要請だしてないならそりゃ企業の判断になるし

あとは企業の業種と良心でしょ。

保障がないから出勤しますってやつは経済対策を良く読め。

文句を言うために損しているようなもんだよ

足りないから~って言うならわかるけどね

 

 

非常事態宣言については、どちらかというと医療の関係の観点から考えたほうがいいのかもね
結構さ、今は非常事態だろ!全国に非常事態宣言出せよ!
っていう人も見かけるんだけど、
多分そうじゃないと思うんだよね。
非常事態宣言で強制力を持たせられるのは先ほども話した通り
医療品と臨時病院のための土地の接収で、特に全国で非常事態宣言 出しちゃったら
医療品の奪い合いになっちゃわないかなって
やっぱり自治体ごとの状況に応じた温度で対策はとるべきだと思う

 


あと、なんかデマ情報とか、恣意的な情報に踊らされている人多す ぎませんかね。

非常事態宣言がでたらJRが減便するとか誰が言い出したんだろ

記者会見でも質問している記者がいたし
コロナウィルスへの効果が期待されている「アビガン」もその特性 として妊婦及び子作りを考えている男性への投与がNGとなってい ますが
それに対して
「危険な薬だ、禁止すべき」
だとか
「妊婦を見殺しにするのか」
とか、
正直、妊婦がNGかどうかわからない新薬よりもその知見がある分よっぽど安心できますし
妊婦はコロナウィルスとかそれ以前に投薬に制限がある。
うちの奥さんは妊娠中は風邪をひいても漢方薬しか飲めませんでし たし

それで、妊婦は風邪をひいても見殺しか!
とはならないでしょ。

アビガンが妊婦に使用不可と知った時に

妊婦以外のための薬なんだ、という発想や
妊婦が服用不可な薬はアビガンだけなのかとか
そういう疑問はもっていかないとだめだよなと思います。

この状況がいつ終わるかなんて誰もわからない。
政府だって神様じゃないからわかんないでしょ。

ひとまずは、一人一人が規律をもって生活をしていって
不要な外出はしない。
外出の際は、マスク、除菌を欠かさない。

まぁ、この状況が終わった時に、自分たちの生活がどうなるか、という不安は尽きませんけどね・・・

話はずれますが、経済って本当にお金を回すことで動いていくんだな、というのがよくわかった気がする。

今までは曲がりなりにもお金が回っていたので成り立っていた経済 が
お金の流れが止まることで
支出がなくなる→貯金できるはずが収入がなくなるためそうでもない
→この状況が終わった時にパーっと使うためのお金がない。

となってしぼんだままになるんかなととても不安です。

もちろん自粛の分政府が肩代わりすべきなんでしょうけど、
そもそも経済が回らないと税収もないですからね・・・

ジリ貧感が強くて背筋が寒くなります。