Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

シリーズの方向性を決めた傑作【キャプテンアメリカ・ウィンターソルジャー】

ファーストアベンジャーを見終わったので

 

belphegor729.hatenablog.com

 

次はウィンターソルジャー

 

MCUビッグ3って、アイアンマンだと2だったり、マイティーソーだと1も2もあんまり評判が良くなくて、

ソーに至っては3でタイカワイティティ監督がメガホンを取らなかったら

クリスヘムスワースもMCUを卒業する可能性があったんですけど

 

それを考えるとキャプテンアメリカって全部評判いいと思うんですよね。

1もまぁ当初の評判は”地味”でしたが、今ではいぶし銀な良さが評価されていますし

3も実質アベンジャーズ2.5ですが、キャップとアイアンマンの間に流れるひりひりとした空気、何のスーパーパワーも持たない人間がアベンジャーズを追い詰めていくシナリオに引き込まれて行きますが

 

やはりキャプテンアメリカ3部作の中では本作が一番の完成度だと思うんですよね。

 

 

三部作の中心として様々なストーリーが交差します

1で別れたペギー・カーターとの再会

 


f:id:belphegor729:20210505084753j:image

 

相棒として、また後継者としてキャップとともに歩み続ける

ファルコン サム・ウィルソン

 

そして、1で離別し、3のストーリーのカギを握る

 

ウィンターソルジャー バッキー・バーンズ
f:id:belphegor729:20210505084800j:image

 

バッキーカッコいいよね。本当にかっこいい

クリスエヴァンスにつられてどんどんマッシュアップしていくセバスチャン・スタンですが

やっぱりこのころのスタイルが一番しゅっとして好き。

何よりもコスチュームが格好良すぎますね

 

 

また、原作ではちょっとSF過ぎかつ容姿がコミカルすぎてなかなか出しづらかった

ドクターゾラ

 

 

を、テレビの中に顔がある

という特徴だけ抜き出して、サーバーの中にコピーしたゾラのデータ


f:id:belphegor729:20210505084808j:image

 という解釈で持ち出したのはかなりのテクニックだなと思うんですよね。

 

ストーリー自体も、味方だと思っていたものが敵だった、というある意味古典的な内容から(正直雑だけど今年の仮面ライダーも一緒よね)

誰が敵なのか、ではなく、内情を知っている敵の方位をどうかいくぐり、出し抜いていくかというサスペンスストーリーに仕立て上げたのがいいですよね。

 

この路線が大当たりしたことで、ヒーロー映画でもポリティカルサスペンスで評価を得られる=どんなジャンルでもよいヒーロー映画が作れる

というマーベルの自信が生まれたように感じますし

また、ファルコン&ウィンターソルジャーにまで続く

 

belphegor729.hatenablog.com

 

現実世界の問題とリンクするキャプテンアメリカシリーズのスタイルもここで確立したと思います。

 

まぁ、そういった固いことを抜きに下手アクションがカッコいいよね

エレベーター内での狭い空間を使ったアクションや


www.youtube.com

 

バッキーのナイフ捌きは本当に最高でした


www.youtube.com

 

エレベーターのシーンは続くエンドゲームでもいいオマージュがありましたね。


www.youtube.com

あのシーンは目的のために人を平気でだませるくらい清濁併せ吞むようになったキャップの成長も感じられて本当に好きです。

 

 

また、ラストのシーンで今年7月に公開予定の「ブラックウィドウ」につながりそうなシーンもありました
f:id:belphegor729:20210505084849j:image

キエフ ウクライナ きっと映画で登場する仲間たちのことなんでしょう

この時の裏話なんかも映画で語られるのではと思うと、

何度も何度も延期しましたし、期待が高まりすぎて暴発しそうですw