Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

たぶん人生で一番衝撃を受けたゲーム「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」

今週のお題「ゲーム」

ということだそうで、今現行機でプレイできるハードがたぶんないので

紹介しても実際にできるかっていうと厳しいところがあるのですが

 

思い出のゲームということで、こちらのゲームを紹介したいと思います。

 

www.bandainamcoent.co.jp

 

ヴィーナス&ブレイブスは2003年にナムコから発売されたゲームで

女神より神託を受けた不老不死の男が

100年後の滅びの予言を回避するため

 自身の軍団を作り、育てていくゲームです。

 

販促ムービーのクオリティがシャレにならないくらい良いので、これを見てみれば大体イメージがわくと思います。


ヴィーナス&ブレイブス 販促用ムービー

 

これがねーテイルズオブデステニー2に一緒に入ってたんだけど、もうね。

BGM「Waltz for Ariah」の素晴らしさだけでも覚えて帰ってほしいのだけど

これを見たときは鳥肌が立ったね。

 

 

3×4のマスの中にキャラクタを配置し、ローテーションをしながら敵と戦う独特のシステムがパズル的な戦略性を生み、

また主人公を除き、団員の中で友情・愛情をはぐくみ

友情からは強力な合体技を

愛情からは二人の遺伝子を受け継ぐ次の世代の子を生み

 

軍団を強化しながら100年後の厄災に備えるというゲームです。

 

若い戦士は成長著しい代わりに、壮年期から老年期に差し掛かると老化によりどんどんスペックダウンしていくという、長期的な視点での軍団育成が必要な、なかなかに難解なゲームで

先程の友情、結婚も強いキャラにたいして、合体技でその強さを一代限りで消費するか、派手な強さを我慢してその強さを次の代に引き継がせるか、なやみどころなのです。

 

正直多分にお使いゲームな要素もあり、

また軍団の育成に失敗するとどうあがいても勝てなかったり

肝心の厄災のタイミングで主力が育ち切っていない若年層と現役とは程遠い老人の集まりになって詰んだり(危うく最初からやり直すところだった・・・)

 

なんですが、とにかくストーリーが素晴らしいのです。

 

「不死とは苦しみである」

ということを軍団を指揮する中で痛いほど見せつけてきます。

 

主人公よりも年老いて見える部下の老人は自分が子供のころから主人公に付き従い

主人公に思いを寄せる少女は、時の流れの違いを知り彼から離れていく。

誰もかれもが自分より先に死んでいく辛さ

 

しかし、主人公の前には、老人の遺志を継ぐ青年が・少女の子供が

また彼のもとにやってくる。

 

100年という長い時間の中で、主人公よりも先に死んでいく仲間に胸が締め付けられると同時に、弟子や子に受け継がれていく思いに胸が暖かくなります。

 

そして、不死の定めを持った者たちの最後が描かれるエンディング。

もうこのエンディングが最高で、実はタイトルがかなりの伏線になっていて

 

プレイしたのは大学生の時でしたが

暗い一人暮らしのアパートで

「マジカ!」

と思わず声が漏れ

一人小さいテレビに向かって拍手をしていました

 

あの衝撃を超えるエンディングはどのメディアでも感じたことがない

 

驚きと感動に満ちたものでした

 

もうそうそうプレイできないので、プレイ実況の動画を最後にのっけて終わりにしようと思います。

 


#1 ヴィーナス&ブレイブス 100年間戦い続ける実況 OP

 

 ぶっちゃけ100年何で、滅茶苦茶長い動画にはなってますが

この記事を読んだ人から一人でいいので、このエンディングにたどり着いてほしいです。

 

ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~ - PSP

ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~ - PSP

  • 発売日: 2011/01/20
  • メディア: Video Game