Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

面白かったけど、あと一声!(MIBインターナショナル感想)

 MIBって3しか見たことないんですよねー
 あれ?昨日も同じようなこと言ってたような。


 映画鑑賞を趣味にしだしたのが今の会社に入ってからなので
 歴としては短いんですよね。10年程度?
 だもんで、結構続き物は途中から見始めてものが多いんです。
 
 だからMIB自体にはそこまで思い入れがなくて、
 MCUのソーとバルキリーのコンビの新しい物語に興味があって見に行きました。


 まぁMIB3はめっちゃ好きなんですけどね。ギャグとエモーショナルなシーンの割合がちょうどよくて。ウィキ見てたら若い頃のエージェントK演じてたのサノス役のジョシュブローリンだったんですね。びっくり
 
 ということで感想です。

 

 

 

 うーん。良かったよ!よかったけど、一点どうしても気になってしまう。

 

 X-MENの後で見たので、明るいノリに肩を張らずに見れて上映後の気分は良かったですねー
 何となく、そこまで考え込んでみる映画でもないしなぁ。と思いつつ、大事なところで むむむ となったり何だったりなので、一応前半ネタバレなし、後半ネタバレありでレビューします。

 まずは良かったところから!

 

 ・テッサトンプソンが可愛い!

 

 テッサトンプソンの出演作はクリード1とソーラグナロクしか知らないのだけれど
 クリードの時は視力の弱い歌が好きなヒロイン
 ソーラグナロクの時は、過去に傷のある百戦錬磨の女戦士
 本作は好奇心と行動力が半端ないけど初々しい新米エージェントをかわいらしく演じていて、高揚して落ち着きがない感じとか、にやにやしちゃう感じ、とてもかわいかったです。
 ソーラグナロクに引き続き良いコンビでしたね!

 

 ・敵のツインズの動きがかっこよすぎ!

 

 今回の敵は双子の宇宙人という設定なのですが、それを演じている方も双子で世界的に有名なダンサーだそうです。


 俳優とはちょっと違ったメリハリのある、ロボットダンスのような動きが画面に新鮮味を与えていました。
 多分、彼らにとっては本作は演じているのではなくてダンスしているんでしょうね。とにかくいちいち動きがかっこよくて、早く彼らでないかなぁとわくわくしながら見てました。
 

 ・クリスヘムスワース相変わらずチャーミングだわ

 

 相変わらずいいからだしてます。
 私クリスの笑顔好きなんですよね。まぁ、MCUにいるクリスの笑顔みんな好きですけど。
 口角上がってる感じすごく好きです。
 基本的には失敗してもあまりへこたれず、メンタルタフな感じと、だれとでも仲良くなれそうなフレンドリーさがとても魅力的でした。
 宇宙人と一夜を共にした後に、思いっきりポールスミス柄の靴下が移った時はちょっと笑いました。

 
 基本的には見ていて楽しくて、見た後もすっきり。上記の3つのポイントどれか一つビビット来るものがあれば、見て損はないと思いますよ!
 ただ、ちょっとねークリス演じるエージェントHの描き方にむむむ、と思うところもあったり。

 


 ということで、ここからはネタバレです。

 


 ・ヴァンガスの扱いが雑過ぎやしませんかね・・・

 

 なんというか、ミスリードさせるための演出が結構多いんですけど、その扱いがちょっと雑で
 え?そういう意味でなかったのならつじつま合わなくね?的なもやもやを感じてしまって
 日村似の宇宙人が、極悪とかいろいろ言われていたのは、ツインズが付け狙う理由を
 日村は極悪人だから命を狙われても仕方がないとミスリードさせるためだったんだと思うんですよね。
 でも、だったらもう少し悪人っぽいところ見せないとなぁ。
 なぜ持ち出したのか、なぜ地球に逃げたのか・・・はHにしか相談できなかったからか。
 なぜそのアイテムがハイブに狙われているのかはわかりませんが、それに気づき、奪われないように持ち出し、Hに託そうとするかれは普通にいいやつに見えるんだよなぁ。
 まぁそこは些末なところではあるのですが

 


 ・ちょっとエージェントH、無能すぎやしませんかね。

 

 一番気になったのがそこ、彼、今回何もできてない。

 最初のミッションではうっかり毒蛇にかまれる。
 ヴァンガス護衛ではヴァンガスの様子がおかしいことに気づかず、護衛しないといけないのに車に乗せて見送り、結果ヴァンガス死亡(友人が自分のミスで死んだんだからもっと悲しんだり後悔したりしようぜ)
 元カノの砦でもいいとこなし。エージェントMの日頃の行いが良くなかったら死んでましたね。

 劇中でヴァンガス・ハイT・Cから昔と変わった、昔は優秀だったと発言されているのが、Hがハイブに入れ替わっていることをミスリードさせたい気が見え見え過ぎて初めから犯人候補から離脱しているのが痛い。

 じゃぁなんで昔有能で今無能なの?という答えが、そもそも無能だったというのがさらに痛い。
 その発想はなかった。悪い意味で。
 
 そのうえでOにTは君に期待していたのだからロンドン支部長見習いを引き受けるべきだといわれるけど。
 これまでの経過を見てTがHの何に期待していたのかがわからない。
 そんなHにロンドン支部を任せていいのかさらにわからない・・・

 私がMIBのエージェントHに期待していたのは多分いままでのMIBもそうだったと思うんだけど
 ちゃらんぽらんだけどやるときはやる、エージェントJのようなキャラなんですよ。
 会議では寝てるし軽口も多いけど、人間味があって、友人が多く、(友人は多かったけどあまり活かせてないネ。髭成人に武器盗まれたり)
 別に変化球は求めてないんだよなぁ。新人が堅物で、ベテランがチャラいだけでも旧MIBとむしろキャラと役職が入れ違いになってて面白かったと思うんだけどな。

 とまぁエージェントHの描き方にすごく不満があるのだけれど
 クリスヘムスワースとテッサトンプソンのコンビは見ていて楽しいので、ぜひ2が見たいです!
 その時は、支部長見習いとして成長して決めるときは決めるエージェントHになっててほしい。
 そうすると新人感が失われたエージェントMがちょっと扱い難しくなりそうだなぁ。

 ネット上ではMIB1~3埜方が面白かったと言う声も多いので、せっかくだから1~3ちゃんと見てみようかな。

 

 

メン・イン・ブラック : インターナショナル (字幕版)

メン・イン・ブラック : インターナショナル (字幕版)

  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村