Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

これがジェームスガンの本気Deathか【#ザ・スーサイドスクワッド】

小林賢太郎さんの話の際にも少し触れましたが

トラブルでディズニーを一度解雇されてしまったジェームスガンを

これ幸いにとDCがスカウトして製作が決定した映画

ザ・スーサイドスクワッド

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』オフィシャルサイト

f:id:belphegor729:20210813233249j:plain

 

本作が生まれたことは喜ばしいんだけど、結果ガンとDisneyの関係は悪化して

復帰はしたもののガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3制作後にマーベルから離脱することが確定していて、スピンオフの構想なども白紙に戻ったそうなので正直非常に残念だったりもします。

 

そんな私的に愛憎入り混じった本作、公開初日に頑張ってみてきました

 

 

面白かったけど、グロかったなぁ

15禁だそうですが本当に大丈夫かな、結構死体欠損が激しくてなかなかにグロい絵が多くて、面白かったんだけどちょっと目をそむけたくなるシーンが多かった。

いや、そういうのが好きな人も多いし、私はまだ見たことないんだけど

ガン監督の出世作「スーパー!」もわりとそういう傾向にあるとは聞いていたので

マーベルでは控えていただけで、本当はそういうテイストが好きなんだねキット

 

キャストが好みですごく良い

まず主役のブラッドスポート

イドリスエルバがまずカッコいいよね。

その時点でカッコいいのに、彼のコスチュームにはいたるところに武器が隠されていて

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Jay (@jaycepticon)

www.instagram.com

その武器がまたなかなかの中二感があって完全に心を奪われましたw

 

元WWEファンとしてはジョンシナが登場しているのもいい

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Suicide Squad (@thesuicidesquad)

www.instagram.com

 相変わらず立派な鼻をしていらっしゃる

彼の存在が作品のキーポイントだったりするので、そういった点でもかなりうれしいところ

あとは、実はポルカドットマン役のデヴィット・ダストマルチャンちょっと好きなんですよね。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Suicide Squad (@thesuicidesquad)

www.instagram.com

初めて会ったのはダークナイト

ダークナイト (字幕版)

ダークナイト (字幕版)

  • クリスチャン・ベール
Amazon

警官に偽装してゴードン署長を射殺しようとしたジョーカー信者役で、デビュー作でもあった模様


f:id:belphegor729:20210814143025j:image

そのいい感じに挙動不審な顔がなんか印象的だったんです。

その次にあったのがアントマンの三バカの一人。忘れられない顔だったので2にも登場してくれてすごくうれしかった

どうも三バカの一人がやらかしたらしくて、3人まとめてアントマン3からはいなくなるという噂があって残念だったので、

ここでのキャスティングはとてもうれしかったw

しかもめっちゃ活躍してるしw吹き替えが宮野真守だと・・・めっちゃ優遇されてる・・・

何だったら今回のスクワッド最大火力だったんじゃなかろうかw

ハーレイクインは今回一番強かったかもしれんねw

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Suicide Squad (@thesuicidesquad)

www.instagram.com

ほぼガンカタなガンアクションもたまらんかったし、

ジャベリンよりも槍を使いこなしているのもワロw

やっぱりガン監督はこうキャラクターを生かすのがうまい

ラッドキャッチャーも可愛かったな

(なぜ公式インスタにラッドキャッチャーのアップがない・・・)

まさか父親がタイカワイティティで1日に2本もタイカが出る映画を見ることになるとは思わなかった

吹き替え 悠木碧かぁ

よく見たら吹き替えめっちゃ豪華だな、ちょっと吹替も見てみたくなってきた

 

ガン組の活躍が全然なかったのが凄く残念

ただねぇ、ちょっと思うこともいくつかあってね

正直ネタバレなしで語れることが全然ないのでこっからもうネタバレ行っちゃいます

 

 

   

 

 

ジェームスガンの作品といえば、マイケルルーカーと弟のショーン・ガン

というイメージが結構あり、映画の出だしもマイケルルーカーが強キャラオーラを放ちまくっていたのに、いざ戦闘となると圧倒的な戦力差に怖気図いて、1ミリも戦うことなく逃走、処刑

しょっぱい・・・せめて戦わせてあげて・・・

ショーン・ガンもガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの時と同じように、獣の怪物のモーションアクターと別のキャラクターと1人2役だけど

怪物は溺死で最初に脱落、生身のキャラクターもなんか悪態ついて終わりと

なんかもうちょっともっとこう、、、あるだろ!と言いたくなる感じ

f:id:belphegor729:20210813234557p:plain

 

スーサイドスクワッド2作りそうな終わり型したけど

マイケルルーカーはもう登場できんのに本当にこんな雑な処理で良かったんだろうか

 

ピースメーカーのポジションは結構うまいと思ったな

アマンダが、一人一役的なことを言っていたのは伏線だったんだね。

ブラッドスポートもピースメーカーも武器の達人なことに変わりはなくて

ブラッドスポートの疑問はピースメーカーにごまかされてしまったんだけど

ブラッドスポートはあくまでリーダーで、ピースメーカーはチームの監視役という別の役割があったのね。

ここは本当にうまいと思った。

ただ、フラッグ大佐を心で殺してしまったのは

フラッグ大佐=スーサイドスクワッドの監視役兼リーダーという印象だったので個人的には残念だったな

 

 

斬撃>>射撃なのいつも納得がいかないんよね

勿論対人戦では有効なんだけど、

スターロ大公もそうだしキングシャークもそうだけど

どちらも通常の銃火器はもちろんブラッドスポートの特別な装備でも傷一つ付けられなかったのに

スターロはジャベリンの槍による突き

キングシャークは謎の水生生物による噛みつき

が普通に有効打になっていて実はちょっと萎えています

そういった点で、遠距離攻撃で接触即溶解のポルカドットマンが本当に強くて

演者さんが好きな私としてはすごくうれしかった・・・

まぁ、頑張った後あまりにもわかりやすすぎる死亡フラグを立ててそのままプチされてしまったけどさ・・・

正直ピースメーカーよりもポルカドットマンを生かしてほしかったよ

ジョン・シナ何もしなくても役者として大成するだろうし、せっかく大役をもらったダストマルチャンもっと活躍させてほしかった

 

まとめ

ということでザ・スーサイドスクワッドの感想でした。

正直フリーガイのほうが好きかなぁ

でもはちゃめちゃやって、スカッとできてとても良かった。

次回作はピースメーカーがリーダーになるのかな?
ブラッドスポートは活躍をもっと見てみたいような。

でも釈放されたんだからそのままそっとしておいてほしいし、

そもそものスーサイドスクワッドという作品が

他作でメインヴィランを張るにはちょっと癖の強い悪役をまとめて映画にぶち込んじゃうかなり理想的なコンテンツだと感じたので

もっといろんな変わり者ヴィランを料理してほしいな

何にせよ2が楽しみですし、ピースメーカーはスピンオフも用意されているみたいですね。

ジョンの当たり役になると嬉しいなぁ

eiga.com

うん?ガーディアンズよりもピースメーカーのほうが撮影が先???

・・・

完全にガンとマーベルの縁はここで切れるんだな・・・

悲しい・・・