Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

衆院選雑感

結構選挙の結果で今後の仕事に影響がでるもんで

日曜の夜の時点では結構与党劣勢に見えて気が気でなかったのですが

最終的には与党微減(4%減)

立民共産大幅減(12%減)

国民微増(38%増)

維新躍進(372%増)

 

衆議院選挙2021 最新ニュース 選挙制度 過去の結果 -衆院選- NHK

 

まぁ与党大勝利というと語弊がありますが、多くの報道機関の予想で自民単独過半数厳しい

という状況だったことを考えると、十分な結果だと思いますし

まぁそれ以上に野党”共倒”とはよく言ったもので

そこにくみしなかった国民民主、維新の票が伸びたのは皮肉ですね

今回の衆議院選挙が終わって思ったこと、特に特定野党の惨敗についてつらつら思うことを語っていこうかと思います

 

とりあえず枝野さんお疲れさまでした

枝野氏に関して好意的な感情をまったくもっていないのでそれ以上のことは言えない

と言うか、これ以上書くとコロナ禍で被った立憲民主党による被害にビキビキとしてしまうのであまり長くこの話題には触れないが

それでも同署の強気な意見を撤回し

立憲民主党で議席10減を敗北と認め

責任を取ったのは素直に良かったと思います

ちょっと一旦休んで、少し冷静になりましょうや

 

 

ちなみにうちの投票区

私の選挙区は自民と立民の一騎打ちでしたが

立民の候補はもともとは自民の参議で小沢一郎の舎弟だったもんで彼の離党に追従

それに伴い参議院から衆議院に鞍替え

結局主義主張ではなく義理で政党を歩きわたっているから

参院議員時代に応援してくれてた人たちは、

衆院に鞍替えすればそりゃもちろん今まで通り自民の候補者を応援するでしょとしかいえず、実際のところ、確か野党として3回出馬して3連敗、確か前回は希望の党だったかと思うので、一応比例でゾンビーしていましたがそれもかなわず。

自民の候補者の当確早かったなー

まぁ、親分が小選挙区で討ち死にしてゾンビ復活だし。

子分は言わずもがなですよね

 

そもそも個人的に立憲民主党を応援できない

そもそも個人的には、立憲民主党は参議院に千葉の恥「小西博之」がいて

2年前の台風の時は森裕子にいろいろと邪魔をされていいイメージがない

 

県政では熊谷知事とタッグを組んで、いたるところに知事の顔写真入りのポスターを張っていたけれども

正直しがらみを抜きにすれば知事と政治思想が近いのは自民だと思うんよね・・・

良いイメージの強い知事の影響力にすがった選挙方法をとるのは構わんが

特に知事のイメージ形成に影響のあった正しいコロナ対策の発信について

立憲民主党は、ゼロコロナだの全件PCRだの0点の政策しか出せておらず、知事も市長時代にたびたび苦言を呈していたのだから、選挙協力は正直がっかりしたんよね・・・

自民とくっつかなかった理由もそれなりには知っているけどさ

 

野党共闘をなぜしたのかが全く理解できない

立民はそういうところの浅ましさが本当にダメだし

まぁ共産党と組んだ時点で終わりですよ。

各種報道の通り本来の支持母体である連合からの協力も減り

そもそも小選挙区で1議席しか取れていない共産党の応援本当に必要でした?

 

共産投票の増加と連合票の減少についてのシミュレーションができない中で

確実に共産党の立民への影響力はこれから増していきますよ。

 

だってさ、党の党首が自民と5000票差ですよ。

開票結果:選挙区:埼玉:衆院選2021:時事ドットコム

実際は共産と組まなかった分連合の票が入っていたかもしれませんが

組織力では共産党のほうがおそらく上

共産党候補が立って、あるいは組織的な協力がなかったとしたら

党首が落選していたかもしれない。

このような中で、もう共産党は切れないでしょう・・・

しかし共産は南関東で比例1議席しか取れず、それを党代表が比例単独で奪い取るって

なんかウツクシイセイトウって感じ

衆院選2021 比例代表 南関東 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月31日投開票 : 選挙・世論調査(選挙) : 読売新聞オンライン

 

そもそも、立憲民主党の支持母体である連合が共産党と仲が悪いのは

同じ労働者組織であるのに長い間分裂状態であることからもおおよそ推測できるはずなのに

そういう支持母体のしがらみを完全に無視して

「まぁいうても今更他党の支持はせんだろう」

と軽んじたことがまた問題だと思うんですよね。

自分たちを応援してくれていて

政党支持率を超えて議席を獲得できている原動力となる支持母体を軽んじるって

それ遠回しに有権者を軽んじていることに他ならないと思うんですよ

自分たちを応援してくれている人を、

「顎で使っても票を集めてくれる人たち」

と思っているような人間たちが、連合と同じように、純粋な気持ちで立憲民主党に投票した人をないがしろにすると思うよ

自民党がそうでない、というつもりもないが

立憲民主党に関してはそれをオブラートに包む努力が感じられない

我々が正しいのだから、そちらが合わせるべきだ

という上から目線を凄く感じるのさ

所属議員のこういう投稿もそう

さっきも言ったけどさ、ゼロコロナとか無理だし

全件PCRが物理的に不可能なこと

また、安全性の担保だのなんだのと難癖をつけて、ワクチンの国内承認を遅らせたくせに、ワクチンスケジュールの見通しが甘いだの難癖をつけたことを私は絶対に忘れない

100歩譲ってコロナ対策を頑張っていたとして、頑張り方が間違っていたらそれは害悪でしかなく、その結果がこの選挙結果でしょう。

”正しく伝わらなかった”

というのも受け取りての問題にすり替える傲慢な発言ですよ

 

 

マイノリティ”しか”見ていないマニュフェストも敗因

ちょっと、本件とは関係なく、マイノリティの権利拡大について奥さんとつらつらと意見を交わしていたんだけど

 

マイノリティの権利拡大って、基本的にはコストを(本来払うはずだったものかもしれないけれど)マジョリティ側に払わせる話なので

まずマイノリティ側がそれを丁寧に説明するコストを払う必要があると思うんです。

だから、女性であったりLGBTだったり、そういう人たちは、未来同じ指向性のマイノリティたちが必要以上にコストを払わなくて済むようより多くのコストを払わないといけないから苦しいよね

という内容ではあったんだけど

 

その”コスト”という話の中で

マイノリティはマイノリティであるからマイノリティなのであって(進次郎構文)

彼ら彼女らに”だけ”ささるマニュフェストをただ単にポンと掲げただけでは

それの実現に伴いコストを支払うマジョリティ側は支持しないでしょう?

マイノリティの権利拡大を本当に党是とするのであれば

マジョリティ向けの政策をまずもってきて

そのうえでマイノリティの権利拡大についても触れるべきなのに

 

マス向けの政策が全くない

補正予算の編成、2020年度予算の見直しは

具体的にどう見直すのかわからない時点で評価すらできないし

新型コロナ対策司令塔はべつに新型コロナ室がすでにある

政権とってまずやる一丁目一番地の政策が

すでに何度もやっているモリカケなんですか?

不法滞在者の入管での問題なんですか?

その前にやること

有権者に有益な政策を持ってこないんですか?

 

まず、全有権者に、せめてマジョリティ向けに有益な政策をお題目として掲げたうえで

マイノリティの差別撤廃についてのお題目を掲げることはできませんでしたか?

 

そして最初の話に戻るのだけれども

マイノリティの権利拡大を本当に願っているのであれば

立憲民主党はコストを支払う必要があるんです。その努力が必要なんです

でも、私にはそれをちゃんとしていたようには思えない

 

こちらの記事が私のつたない語彙よりも的確に表現しているけれども

我々が正しいのだからそちらが合わせるべきという傲慢も感じるし

www.tyoshiki.com

 

また、むしろすでに起きている、例えばmetooなんかのムーブメントに

ノーコストでフリーライディングしているようにしか見えないわけですよ

喪服着てmetooの看板持って練り歩いてムーブメントのポジティブイメージの恩恵にあずかろうとして

いざ身内の議員のセクハラが暴露されてもだんまり

せめて、ムーブメントに乗っかるのにコストを支払わなかったのだから

せめて身内の不祥事に対して、厳格に対処する、というコストを支払うべきだった

これでは支持者は納得しても、無党派層やアンチには

マイノリティの権利拡大に本気とは到底思えないと逆効果にしかなっていない。

こういうフリーライディングはマイノリティの中にも不快に感じている人がいると思うんですよ。

結局期待ほどの支持は得られずに、アンチだけ増やした結果が今回の惨敗の

もう一つの要因だと思うんです

 

 

次の代表は誰になるんでしょうね

選挙直後は強気だった枝野代表も、幹事長とともに辞任しましたが

彼の後継となれるような議員はいるんですかね。

国対委員長の安住が一番ポジションが高いのかもしれないけれども

彼こそ

「共産党はリアルパワー」等数々の失言で連合からの支持を失った張本人だと思うので、率先してやめるべき人罪だと思うんよね。

立民・枝野代表 辞意表明 「ひとえに私の力不足」|TBS NEWS

立憲民主党 安住 淳 国対委員長
 「じゃあ(立憲民主党)単独で戦ったら小選挙区でこれだけやれたのかという話と一緒で、あくまで結果論でしょ。それ以外の選択肢はあったのかと逆に言いたい。れいわ・共産党・社民党の皆さんに協力して、降りていただいたところが劇的に改善しているのは皆さんもご存じの通り」

これ自分が言っていることの意味わかっているのかな。

降りたうえで惨敗したところの分析をしないといけないのに、良いところだけ見て

精神的勝利をしているところにアンチ立民層は辟易しているというのに

 

もうこのまま共産党にじわじわと侵食され、連合からは完全に見捨てられ

指導者不在でしぼんでいく未来しか見えない。

 

民主党から続く流れを断ち切れる野党の存在に期待が持てる結果でもありました

まぁ国民民主党が提案型の野党への変革に向けての努力をしていくそうなので

一応は期待かな?

自民は安泰だなと思って比例は国民に入れたし

期待を裏切らないでほしいと思っている。

 

あとは末端を見ると、イベルメクチンでコロナ対策とかほざいて選挙事務所クラスターを発生させた馬鹿とかやべーやつを抱えつつも

大阪のコロナ対策で外野から立憲民主党に茶々を入れられたのもあるのか

批判ではなく対話の路線を党として頑張っているように見える維新も

こっから先どうやってまともな候補者を捕まえて勢力を拡大させるかという課題はあるけれども、政権交代はむつかしくとも、

自分たちの主張を押し付けるのではなく、

ここで引くからここは飲んでくれ

と、是々非々で国会を運営していく野党の躍進を祈るばかりです