Let Life Loose

映画、漫画、革のブログです

#ちむどんどん と #仮面ライダーリバイス、または #ドンブラザーズ という波に乗れなかった男の末路

仮面ライダーリバイス、終わりましたね。

 

 

次男の大二君のメンタルが全く理解できなくて不快すぎて、30話あたりから録画だけして、撮りためたやつを家事しながら倍速で見ていたんで、内容そのものに言及する権利はないんだろうなとは思っているんだけど、いや、しんどかった

 

何がしんどいって2年連続で全く特撮に乗れなかったのがしんどい

しかもやっていることが2年連続でおんなじ

世界の破滅をもくろむ敵組織がいましたー
それに対する組織に成り行きで主人公も戦うことになりましたー
でも本当の悪は自分の組織のボスでしたー

引き出し少なすぎか!
あほちゃうか


当たりはずれの波は毎年あったけど、2年連続で大外れなのは勘弁してほしいし
正直仮面ライダーセイバーもリバイスも賛否でいえば「否」のほうが多いコンテンツだったと思うんですよ

 

んで、なんかリバイス見ていて頭にちらちらとよぎるのが、今やっているNHKの朝ドラ「ちむどんどん」

 

うちの市がロケ地として出ていたらしく


まぁその回見たら奥さんの母校が沖縄の学校になっていて、そこにゴーカイブルーとポッピーがいたのはまぁ「おおすごいなぁ」とは思ったんだけど
その前のくだりに出てきたキョウリュウレッドのキャラが醜悪すぎてその後Twitterで情報を仕入れる程度で様子見していたんですが
いやこれは酷い

 

主人公家族全員まともなやつがいない
日本で一番逃げちゃだめな声優「緒方恵美」さんが視聴を断念したのが話題になるほど否が多いわけだけど

 

賛側の意見として
「嫌なら見るな」
という声も少なからず上がっているんだけど

個人的にはそう単純な話ではないと思うんだよね

私にとってのニチアサがまさに今そうなので、ちむどんどんに苦言を呈している視聴者の気持ちがよくわかるというか

彼らにとって、ちむどんどんの視聴をやめるって
それ以上の意味を持っていて
”毎日朝ドラを見る”
という生活習慣を捨てる

一日のルーティーンが変わってしまうっていうことに対する抵抗だと思うんですよね
今まさに私が、ニチアサを見る
という生活習慣を失いかけているので
すごくよくわかります。気持ちが
たぶん10年ぶりくらいからニチアサを視聴し続けていて、日曜日の朝は特撮を見る
という生活習慣が出来上がっていたはずが
2年連続仮面ライダーが駄作で(好きな人には申し訳ないけど駄作ですよ)
戦隊も私にははまらず
とうとう完全に習慣が崩れてしまった

 

もう全然見ていないので今がどうかわからないんだけど

ドンブラザーズはあまりにも理屈をなおざりにしていたのが耐えられなかったんだよね・・・

ゼンカイジャーもキラメイジャーも奇抜なりに土台となる設定はしっかりと開示していたと思うんだけど、ドンブラザーズはいきなりまず味方組織も敵組織も怪人も全然説明がなくて

さらに言うと、見続けることでちゃんと説明してくれそうな雰囲気も感じられなかったんよね

ということで脱落

評判がいいのは何となく聞いてはいるんだけどねぇ・・・

私が脱落した時点でなかなか評判よかったからまぁ合うことはないでしょう

 


生活習慣を崩すほどの駄作をよくも愛着ある枠に投下してくれたなと
そういうことなんだよね
嫌なら見るなじゃなくて
過去の愛する作品があって、これからも愛せる作品が生まれてくるであろうシリーズに
視聴を断念せざるを得なくなるほどの駄作をよくも生み出してくれたなという怨嗟
次のシリーズも視聴する意欲を持てるような作品をせめて作ってほしいという願い


それが、#ちむどんどん反省会 に込められた思いだと思うし
そうやって盛り上がれるタグでモチベーションの維持を何とか図ろうとしているのであれば
そういう場がなかった(見つけられなかった)元特撮オタクとしては羨ましいとすら感じる。
まじで

 

まぁ、たぶんさすがに関係ないと思うけど、
「作者その展開はやばすぎる!考え直してくれ!」
という思いで批判記事書いた漫画が翌週からお休みになったことがあるので、まぁドラマみたいなチームで作っているものはさておき批判もほどほどにせにゃならんのかなぁとちょっと反省していたりする身ではあるのですが

 

大学のころからニチアサ映画を欠かさず見ていたはずなのに、今年はとうとう見ずに終わったな・・・
たぶん次のライダーも、録画はするだろうけど見ないだろうな・・・

 

 


一度途切れると、本当にもう一度続けるのには体力が必要なので
長く続く伝統的なシリーズを任された人たちは、嫌なら見るなじゃなくて
歴史の重みをちゃんと認識して作品を作ってほしいなとすごく思う