Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ヨシタケシンスケさんという絵本作家にはまっています。

私が

 うん。間違いなく子供よりも私がはまっていますね。

 

子供に読ませるため。という名目で5冊くらい買っております💦

まぁ子供も結構気に入ってはくれていますけどね。

 

で、ヨシタケシンスケさん

筑波大学卒業だそうで

 「りんごかもしれない」という本で第6回MOE絵本屋さん大賞第一位をとられているそうです。

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 

私が最初に手に取ったのはたぶんこの2冊 

 

もう表紙の時点でかなり面白そうな雰囲気が漂っておりますが

 

もう ぬげない

もう ぬげない

 

 

子供って頭が大きいから、服を脱がせるときに

「あれ?これ脱げなくね?」

って思ったことあったりしません? 

首がつっつかえて、服が脱げなくなった子供が

一生このままだったらどうしよう・・・

と想像の世界に飛び立つ絵本です。

 

 

こちらも子を持つ親として非常に解りみが深い

子供って、いろいろ質問したり、クイズ出したりするのが結構好きで私ももはや答えが日本語ですらない問題をよくだされるのですが

主人公のなつみがこれなんでしょうクイズをおかあさんにひたすら出し続ける絵本です 

なつみはなんにでもなれる

なつみはなんにでもなれる

 

 

クイズをだすなつみちゃんに対してとるお母さんのリアクションもまた凄くわかりみが深くニヤニヤしてしまうのですが、落ちも子育てしてるとあるある過ぎてクスッとします。

 

 

最近買った本はこちらなのですが、これがまた良い本で。

 

ころべばいいのに

ころべばいいのに

 

 すごい攻撃的なタイトルですが、それも子供っぽい攻撃力でw

またそんなタイトルのわりに、大人もちょっとなるほどと思ってしまうような

アンガーマネジメントの本だったりします。

 

もっと他にも紹介したい本があるし、まだまだ読んでいない本もたくさんあるのですが

今回はここまで

なんとうか、「こどもってそうだよね」とか「あーそういうこと考えてそう」

とか思わせるような内容を大人が考えるのって本当に才能だと思うんですよね

 

純粋にすごい。

 

子供がいる方も、いない方も、

ちょっと一冊手に取ってみてほしいです。