Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

AA CRACKで革の共同購入を行いました

 

サンプルの取り寄せから始まり

 

belphegor729.hatenablog.com

 

紆余曲折が(私の中で)あって、共同購入の音頭を取ることになり

 

belphegor729.hatenablog.com

 

 

最終的に5名の方に挙手いただいて、オーダーを取りまとめ、実際に共同購入発注となりました。

今回はその備忘録になります。

 

 

 

オーダーのとりまとめ

正直ここが一番大変でした。

本来であればサンプルを請求して、そのうえでオーダーになるのですが

コロナ禍後で日本へのサンプル発注ができず、皆様悩まれてました。

 

オーダーを取った後も、注文した革が品切れで、そのあとのやり取りも私の英語の不慣れさで行き違いがあり、時差の関係でなかなかテンポのいいメールのやり取りができなかったのもしんどかったですね。

 

ただ、英語でのやり取りは、Google翻訳さんフル活用で何とでもなる感じだったので、世の中便利になったなぁと痛感

 

 メールはVASSをオーダーした時のやり取りを参考に文面を書いていきました

belphegor729.hatenablog.com

 

 

質問は簡潔に、そのあとは速やかにオーダーに

を心掛けて

 

AA CRACKさんでの購入について

今回備忘録ですので、AA CRACKさんに投げた質問とその回答もここに記載しておきます。

 

1.革の輸送コストは枚数によって変動する

2.革の漉き加工は可能だが、単位面積当たりのコストになる。(1枚につき何円。ではない)

3.革のカット販売はしない

 

ということなので、漉き加工は届いた後日本で行ったほうがいいかなぁという印象ですね。

購入内容詳細

内容は以下の通りでオーダーをしたのですが

WAXED FLESH CALFがSoldということで

同じJ&FJ BAKER のRUSSIAN CALFをオーダーすることとなりました。

 

WAXED FLESH CALF、すごく魅力的な革だったんですけどね

BAKER RUSSIAN CALFも凄く素敵な革ではありましたが

f:id:belphegor729:20200713163811p:plain

 

こんくらいのあっさりとしたメールで全然やり取り可能でした。

案ずるよりも生むがやすしですねぇ。

 

オーダーの流れ

 

オーダーが通りましたら、新規のお客さんは前金を払うことになります。

革のサイズの確定はオーダー確定後になりますので、概算の半額を先にお支払いします

 

f:id:belphegor729:20200713165525p:plain

 

 

前金の支払いが終わったらAA CRACKさんのほうで発送手続きに入ります。

前金支払いが完了したのが6月17日

 

6月19日に総額の確定と振込の依頼メールが来ました

f:id:belphegor729:20200713170020p:plain

革については各ページにておおよそのサイズ感(例えばRUSSIAN CALFは18SQFT~22SQFT)が確認できるのですが、ほぼすべての革において最大サイズをちょっとだけ超えてきたので焦りました💦

送料も100ポンドくらいって聞いていたんだけどなぁ

こちらもそのままお支払いし

 

発送の連絡が来たのが6月22日

かなりのスピード感のあるやり取りです。

VASSの時は本当に全然進まなかったなぁ(遠い目

 

あとは、国際輸送のDHLという会社のメールに記載のある追跡番号とにらめっこしながら届くのを待つ感じです。

海外からの輸送なので、当然英語版のサイトに誘導されるのですが

日本国内のHPもあるので、追跡番号コピってそっちで追跡確認したほうがいいです。

もっと早く気づけばよかったです

 

DHL | エクスプレス | 日本語

 

最後に税関を通過して、佐川急便に引き渡され

関税は佐川急便が代引きという形になるのでお金を用意しておきましょう。

私の時は、DHLから佐川に引き渡された旨電話がありましたので、その時に関税の額を確認しておいたほうがいいです。

私は手持ちがなくて、お金を引き出したあともう一度来てもらう羽目になりました。

ちなみに関税は24000円ほど。

総額の10%強ですかね。

想像していたよりもかなり安いです。

 

 

最終的に受け取ったのが6月28日

個人的な印象としてはめちゃめちゃ早いですね

手続きもメールでのやり取りがメインになりますが、かなり簡単でした。

はるばる海を越えて、厳重に段ボールで封印された革たちが手元に届いたときは感動しましたね

f:id:belphegor729:20200713171925j:plain

 

でかいでかい。

送料・関税をいい感じで等分して、皆様からお支払いいただいた後で

梱包された革をばらし

f:id:belphegor729:20200713171941j:plain

 

個別に包装しなおして

f:id:belphegor729:20200713172016j:plain

共同購入した皆様のところにお届けしてミッション終了です。

 

配送したヤマトの営業所に脅されて保険にも入りましたが、まぁ数百円だったからね。

まぁいいかな。

 

みな皆様からの到着報告もありがたく読ませていただきました。

 

 

 

 

M_Futamotoは個人的にかなり真面目に購入を検討しているので、ロシアンカーフサンプルが見れそうなのはとてもうれしい。雰囲気と金額ではオプションお願いしちゃいそう

 

ロシアンカーフは一部私がレザークラフトを始めるきっかけになった革作家のThree 2 fourさんのところに嫁いだようで、

 

belphegor729.hatenablog.com

 

こちらもどんなアイテムに代わるのか楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場を借りまして、改めて

Zinryuさん、FC4000さん、もけけさん、おかてつさん、ITOMARUさん(順不同)ご参加いただきありがとうございました。

 

 皆様がどんなものを作られるのか、こっそりヲチしております

 

 次の記事で、「結局個人輸入はお得だったのか」についてまとめようと思います

 

 

belphegor729.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村