Let Life Loose

映画、漫画、革のブログです

圧倒的描写不足【#ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密】

実はスピンオフもとのハリー・ポッターみたことない私なんですが

キービジュアルに惹かれたのと、ちょうど直前に見ていたレミゼラブルで

 

 

主人公の娘の恋人役で出ていたエディレッドメインが主演と言うことで1をみてその世界観にグッと引き込まれて見続けることにした

 

ファンタスティック・ビーストシリーズ

 

正直2は?がつくくらい微妙なできだったのですが

とはいえせっかく追いかけてきた本作、

2の最後で自分の出自が判明し、立場がより鮮明になったクリーデンスのその後の展開はもちろん

本作でダンブルドアを演じるジュード・ロウや

諸事情でグリンデルバルド役をジョニー・デップから引き継いだ、マッツ・ミケルセンが好きなのもあり、

またちょうど映画をみるタイミングができたので、

ダンブルドアの秘密

みてきました!

 

 

ストーリー

 

ダンブルドアの命を受け、対グリンデルバルドのチームを集めるニュート

一方その頃、魔法界では次の魔法連盟議長を選ぶ選挙の最中で

グリンデルバルドはこのイベントを利用して、魔法界への復帰をたくらんでいた

 

キャストはすごくよかった

まず最初に、マッツ・ミケルセンすごくよかった

もちろんジョニー・デップのグリンデルバルドもよかったですが

マッツ・ミケルセンだとイギリス紳士感がかなり強く

同じくジェンとるな雰囲気の漂うジュード・ロウの対となる存在として、かなり自然だったのかなと思いますね

そしてジュード・ロウも安定の演技

個人的には新キャラのヒックス先生は本のページを使った見映えのする魔法がかなりよかった

さらに、個人的にはニュートの兄、テセウス・スキャマンダーもチームダンブルドアの一員として前作と比べてもストーリーの本筋にしっかりと関わって、かなりいいポジションだったですね

 

期待していたものが全然みれなかったフラストレーションはかなりある

ただ、兄、今回全く活躍していない・・・

初戦、ドイツでグリンデルバルド信望者を捕まえようとして背後から攻撃を受けて昏倒、連行

で、組織のそれなりの地位の人間が捕まったと言うのに、抗議はおろか事実確認すらしないイギリス魔法省も問題なんだけど

刑務所跡地で逆さ釣りにされて捕まっていたあとニュートに助けられたあとも、跡地からの脱出で杖を取られているのでなにもできず

ラスとバトルでも、初戦で背後を教われたにも関わらず、ツーマンセルをとっているのにも関わらず、二人仲良く背後を狙われて降参

ださい、ダサすぎる

 

全体的に、それ、必要あった?ってイベント多すぎなんよね…

 

描かれるべきなのに描かれていない事も、私的には少なくとも2つあって

 

ひとつは、やっと出会うことができた、クリーデンスとアバーホース・ダンブルドアの親子の会話

グリンデルバルドの嘘によって歪められた二人の関係性がやっと正常に戻ったわけで

観客が求めているのは、そんな二人が今後どういう関係を作っていくのかだと思うんですよ

なのに、息絶えようとするところで父親と遺言めいた会話をして観客の涙を誘うのかと思いきや死なないし

じゃぁ無事(?)父親と一緒にホグワーツに帰って、ミドルクレジット辺りで何かするかと思いきやそれもない

正直なんだったんだ?という不満がめちゃめちゃたまってます

 

で、もうひとつが、あれだけ存在感をアピールしていたグリンデルバルドの信望者たちと

はっきりいってあまりにも雑な工作でグリンデルバルドの魔法界復帰どころか連盟トップに据え置こうとした元トップのフォーゲルのその後の処遇

 

フォーゲルのやったことって、その職務を考えると(考えなくても)かなりの重罪だと思うんだよね

なぜグリンデルバルドに荷担したかについては、ダンブルドアがニュートを通じて忠告したように

そもそも信望者だったってことなんだろうけど

 

抱き抱えられたドイツ魔法省も含め、どう考えても重罪なわけですよ

テセウスを攻撃した金髪のドイツ人もそうだし

 

私断罪されるべき日とが断罪されずに放置されるのもすごくフラストレーションがたまる

 

もっと言えば、ダンブルドア気付いてんなら事前に対処せぇや

 

 

 

全体的に語られるべき事が全然語られていない

で、上記の件も含めて、本作の最大の問題点は圧倒的な描写不足なんですよ

もしくは展開が雑?

タイトルの通りなんだけど、てか最近そんなんばっかりだな・・・

テセウスへの攻撃、拉致監禁なんて犯罪ですよ

しかも監禁先で魔法動物の餌にされそうになってるしね

でもイギリス魔法省とドイツ魔法省でなんのいざこざも起きないし

 

グリンデルバルド陣営にスパイとして潜入したユスフについて

クイニーの読心術をどう回避したのかは視聴者のかなりが疑問に思ったのでは?

考えられるとしたら、すでに離反ぎみだったクイニーが嘘をついたか

あるいはユスフに読心術に対抗する魔法なり特性なりがあるかだと思うんだけど

そこちゃんと語らないとただただグリンデルバルドが雑なおっさんになってしまうんだよね

いやまぁ正直今作のグリンデルバルドはずっと雑だったけどさ

雑に扱っておきながらクリーデンスは裏切らないと根拠なく思っていたりとか

 

そういった意味ではジョニー・デップの方が得たいの知れない感は強かった

 

雑な展開で言うと

グリンデルバルドを殺そうとしたとして指名手配を受けたはずの

ジェイコブが普通に顔を隠しもせずにブータンの投票会場にこれていたり

 

ラスとバトルでなぜか一人だけ捕まらなかったバンティもそう

そもそも誰が正解の鞄持っているかわからないわけだから、いきなり捕まったテセウスの鞄がそうだったらどうすんねんとか、とはいえ私が持っている鞄が正解でしょと根拠のない自信があったのか、自分の鞄が破壊されて勝ちへこみするニュートもどうかと思う

 

 

そもそも論だけど

麒麟が次の指導者を見つけるって話も取って付けたかんが強くて

設定のための設定って言う感じが強すぎて私のなかで忌避反応が強かった

それがおとぎ話程度の扱いですんでいれば問題なかったんだけど

 

実際に麒麟を使って次の指導者を決めようってなると話は変わってくるわけですよ

そんな長らく途絶えていたまゆつばもんの選定方法で本当にトップ選ぶんかいって言う

 

さらに子供の麒麟どうやって捕まえたん?とか

親麒麟どうしたん?

とか、選定方法に疑問をもつきっかけはたくさんあるのに全部スルー

 

さらに、マグルに戦争を仕掛けようとした罪で指名手配犯になっていたのを、嫌疑不十分で撤回されたはずなのに、

選ばれたあとにマグルと戦争だー

 

うぉぉぉぉぉぉー(民衆)

 

は?

 

やっぱ戦争しようとしてんやん

指名手配撤回を撤回しろ

 

というかもっとうまくやれよ

 

グリンデルバルドが選挙に絡む流れは

スターウォーズ3を連想したけど

パルパティーンはもっとうまくやったぞ

 

最後に

とか、とかとか

もっと色々展開の不満はあるけどとりあえずはここまで

 

ウィキっていたら、あとのこり2作もあるんですね

で、グリンデルバルドは最大勢力になったところをダンブルドアによって捕縛されたみたいだけど

クイニーも一作であっさりと去り、攻撃力的にはグリンデルバルドに次ぐ強さを持っていそうだったクリーデンスも改心

こっから勢力が拡大しそうな雰囲気がないんだよなぁと言うか

より強大な配下をだすにしても、これまでに種を巻いておかないと、今回の麒麟みたいに取って付けたような違和感が出るだけなのに、その作業をしているように見えないので正直不安

この監督ハリー・ポッターシリーズを途中からずっと任されているみたいだけど

申し訳ないけれどもそこまでの信頼を得られるような監督には思えないっす

てかほぼハリポタじゃん。

唯一のそれ以外なターザンもあんまり評判よくなかったような・・・

 

たぶん4は見ないか、みるとしても評判をちゃんと確認してからかな・・・

 

ちょっと最近辺りの映画を引けていなくてフラストレーション

 

次にみる予定のDrストレンジは大丈夫であってほしいっす