Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ガンダムヴィダール

久しぶりにプラモが作りたくなりまして

アマゾンで安かったのもあり、何個か買ってしまいましたw

仕事が忙しくて積んでいたんですが

詰みっぱなしにするのももったいなかったので、えいやーで組み立て始めてみました。

最初はこの子


f:id:belphegor729:20200525102704j:image

 

 

 

ガンダムオルフェンズ2期に登場した

仮面の男「ヴィダール」が登場する操者と同名の期待です。

 

登場した時は「いったい何リオなんだ・・・」と思いましたが

まぁ何リオでしたね。

 

2期は後半の展開がどうしても体に合わなくて早回しで見てたんですが

ソロモンが使役する72柱の悪魔から名前を拝借したガンダムたちの毒々しいデザインは個人的には好物ですね。

 

ただ、こちらのヴィダールはその出自のためか悪魔の名を関しておらず

組織名と同じく北欧神話からとられているようです。

”ギャラルホルン”に所属する”ヴィダール”の乗る機体、という意味合いなのでしょうね。

オーディンを飲み込んだフェンリルを殺しラグナロクを生き延びた数少ない神の人柱だそうです。

ヴィーザル - Wikipedia

そう考えると、あの結末を暗示していたのかもしれない

 

さて、前置きが長くなりましたが、ヴィダールさんです

 

まだプラモをがっつり作っている弟の勧めで墨入れだけしてみましたが

いやー映えますね。

確かにお手軽でかっこいい
f:id:belphegor729:20200525102715j:image

 

武装はハンドガン2丁

ライフル1丁

刃先を交換可能なサーベルが一振りです

f:id:belphegor729:20200525103013j:image

 

ポージング

サーベルは刃先をとってスカートアーマーに接続することで

抜刀の構えを取ることができます
f:id:belphegor729:20200525102727j:image

 

抜刀ってロマンだよね
f:id:belphegor729:20200525102748j:image

 長物もロマンがありますね

手首があまり強くないのと、後述しますがバックパックがそこそこ干渉するので、

ちょっとこのポージングは厳しかった


f:id:belphegor729:20200525102800j:image

 足には隠しのブレードが仕込んであります


f:id:belphegor729:20200525102810j:image

 で、問題の背中なのですが、バックパックのバインダーが結構肩と干渉する位置にあるのでがつがつ当たります。

バックパックがもう少し後ろにあればいいんでしょうけど、そうすると重心が後ろ寄りになって自立がむつかしくなるんだろうな

f:id:belphegor729:20200525102829j:image

 とはいえ半日で作れましたし、作っていて楽しい機体でしたw

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村