Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

結婚指輪、ブランドものも素敵だけど一度御徒町も見に行って欲しい話

 最近結納しましたーとか、周りから結婚の圧力がーという話をぼちぼち聞きます。いいなー
 式場選びとか大変だよね。でもブライダルサロンデートは楽しかった。
 もうちょっといろいろ見てみてもよかったかなぁ。

 で、今回したいお話は、婚約指輪のお話です。
 婚約指輪、といえばどんなブランドを思い浮かべますでしょうか
 ダイヤモンドシライシ
 タサキ
 ミキモト
 ヴァンドーム青山
 4℃
 etc
 探しに行くとしたら銀座でしょうか。

 私も行きました。銀座。
 タサキで50万の見積もりを出されてこえーよーザギンこえーよー
 と戦慄したのを覚えています。
 そんなにお金があるわけでもないので、奥さんも「おぉぅ・・・」
 となってすごすごと帰りまして、銀座を一通り回った後、向かった先は御徒町でした。

 
 唐突ですが、御徒町が宝石の町だと知っていましたか?
 正直気にするまでは、アメ横に行くのに降りる駅程度の印象しかなかったのですが、婚約指輪・結婚指輪を探すときに初めて知りました。
 
 アメヤ横丁が戦後の闇市からスタートしているのは何となく聞いたことがあるかもしれないし、聞いたことがなくても「まぁそういわれればそうだろうなぁ」となる感じですが、
 闇市向けの貸金業や質屋が御徒町にあったようですね。その流れで、貴金属の集まる街となったようです。
 
 ですので、御徒町を降りると、ダイヤモンドをはじめジュエリーを扱う複数のショップがお出迎えします。当然、どこもリングの販売を行っています。

 その中で、私がお世話になったリューツウさんをご紹介して、結婚を考えている諸兄の助けになればと思っております。
 

www.ryu-tsu.co.jp


 もちろん、ブランドにはブランドの良さがあると思います。
 一流のデザイナーによるデザインだったり、
 恐らく、ブランド独自の仕入れによるダイヤモンドはそれも一流のものでしょう。
 また、長い時間をかけて培ったブランドのストーリーも購入の決め手になると思います。
 
 そのうえで、御徒町のジュエリーショップの良さを紹介して
 比較していただければと思います。
 ではいきます。

 私がリューツウを選んだ理由!

 

 ①安い!


 まずはこれにつきます。
 これは純粋に金額が安いだけではありません。
 ②にも続く話ですが、良いサイズのダイヤを使用したうえで、安いです。私はブランドに疎いので、ほかの人の婚約指輪・結婚指輪を見てもブランドを当てられません。ですので、まぁ自分達の指輪も、そういう見る人が見ればわかるものではなくて、もっとわかりやすく、ダイヤが大きいものをということでチョイスしました。


 ②ダイヤの選択肢が豊富!


 ダイヤって4Cという4つの指標で評価されます。
 CaratColorCutClarity

 ・Carat

 カラットはわかりやすく、大きさ(重さ)デスネ。
 大きくなれば高いです、また0.5カラットというのが一つのハードルなようで、ここを超えるとガツンと高くなるようです。

 ・Color

 まぁそのまま色です。ダイヤは天然ものですので、少量の不純物を必ず含みます。ですので無色透明ということはそうそうあり得ないんですね。これで、真っ青!とか黄色!とかであればそれはそれで別の付加価値となりますが、基本的には無色であればあるほど価値が高いです。
評価はアルファベットで、なぜかDから始まり(ダイヤのD?)最後はZです。
 
 ・Cut

 カッティングの美しさですね。ダイヤモンドのあの形は、ダイヤに入った光を一番美しく反射させます。しかし、その精度が低ければその輝きがゆがんでしまいます。
 評価は Excellent VeryGood Good Fair Poorという順番で劣っていきます。
 カットの美しさ、対称性、仕上げの美しさすべてにおいてExcellentである者は3EX(トリプルエクセレント)と呼ばれ、より価値が上がります。
 また、美しいカットの目視で確認できる指標として、ダイヤモンドを拡大した際に、ハートの形と矢じりの形が環状に並んでいるものを美しいデザインだと規定しています。これはH&C(ハートアンドキューピッド)と呼ばれています。

www.cgl.co.jp


 ・Clarity

 クラリティは透明度です。ダイヤの中に、不純物、気泡、傷があると透明度は下がり、価値も下がります。
 これは欠損が全くないFLから始まりIF・VVS1-2・VS1-2・SL1-2・L1-3と価値が下がっていきます。

 ううう、長くなってしまった・・・
 で、少しだけ話を聞いてすごすごとお店を出たので、本当にそうか、というところについては確たるものがあるわけではないですが、
 おそらくブランド物のショップでは、すべてにおいてハイクラスなものを用意していると思うんですね。選べるのはカラットだけ、的な。
 
 リューツゥさんはダイヤの豊富な在庫がありますので、お客の好み、何なら妥協出来て何が妥協できないかを一緒に考えて導き出し、それに合ったダイヤを選んでくれます。

 

 うちの夫婦は、大きさ重視、肉眼で判断できないものに関しては妥協、という方向で、とっても良いものを選んでいただきました。

 台座も種類が豊富で、金額もはっきり出ていますので来店しなくてもある程度金額が想定できるのもよいですね。

 

 小さい(といっても0.3カラットだったかな)ダイヤが2つついた台座をチョイスしてトータルでタサキの半額以下でした。

 
 ③結婚指輪も豊富!


 有名ブランドはもちろんないですが、質の良いブランドをたくさん取り扱っており、種類も豊富です。
 その中でも私たちが選んだパイロットは特におすすめです。
 まぁお勧めするのは選んだからなので、ほかのものでビビット来たらそれを選ぶのが一番いいと思いますが

 

 PILOT、聞いたことあるブランドですよね。
 そうです。ボールペンのPILOTです。


 ボールペンで培った金属加工技術でブライダル市場に殴り込みをかけたそうで、素材として使っているプラチナは高純度でありながら添加物により従来の材料と比べても高い強度を誇るようで、結婚して5年たちますが、傷一つついていません。きっとこれからも傷はつかないです。


f:id:belphegor729:20190613181019j:image


 ということで、紹介は終了です。
 繰り返しますが、もちろんブランドはブランドでよいものを提供されています。
 そのうえで、選択肢の一つとして、デートついでに御徒町に見に行ってみるのはいかがでしょう。