Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ラーメンライターどもの不出来プリを見ると、ライターという仕事がいかに実力と関係ないところで仕事をもらっているかを痛感する

この前見てげんなりした記事もたいがいなんだけど

 

belphegor729.hatenablog.com

 


セクハラパワハラ発言を暴露された側のアンサー記事もまたひどくて話題になっていますね。

梅澤愛優香さんに対する、はんつ遠藤の意見 : ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤

正直私も開始早々に読んでいて気持ち悪くなって思わずブラウザを閉じてしまったのですが


なんか、こう、ライターの評価って何なんだろうな、なんでこんな質の低いライターが量産されていくんだろうな、っていうのは常々思ていたので、後段でそれに触れていきたいと思います

 


はんつ某氏のブログの気持ち悪さの大本


何というか、まぁ文体が気持ち悪いのは確かだと思うのですが、こういう文体ってエッセイとか、まぁ見ないわけでもなく

これが本当に気持ちが悪いのって、たぶん

TPOがわかっていないから

だと思うんですよね。

この文章を誰に向けて書いているのか

そこを完全に見誤っている

自分のファンに向けて書いているのであればこれでいいですよ

こういう文章が好きな人だけが見に来るわけだから


でも違うでしょ?


文中でも書いているよね

 

どこかにテンプレートみたいなものを置いて、聞かれたら、「ここを参照してね!」みたいな場所があったほうが楽かな、と。。


って。つまり、本件についてこちら側の意見を得たいのであればこの記事を見てくれと
拡散してくれて構わないと


ファン以外の人、もっと言えば、はっきりアンチよりの人の目に積極的に触れさせようとしているわけだ

梅澤さんのインタビュー記事やニュースを見て

なんてふてぇやつだ、成敗してやる、と怒りに燃えた人たちがこのブログを見るわけよ

困難見させられても火に油を注ぐだけでしょ


いま問われているのは、

「ラーメン評論家」「食べ手」

の存在意義なわけで

それを減じるような言動があったと非難されている人間が

こんなちゃらちゃらした文章を


「さぁさぁここに私の反論がござい、寄ってらっしゃい見てらっしゃい」


とあけっぴろげに大公開しているわけ


いや、無理でしょう・・・

無理だよ。内容ではなく文体で拒絶反応起こしている人しかいないじゃん・・・
全部読んでいる人ほとんどいないよ

おおーこいつこんな面白い文章書くんだ!おもろ!ゆるそ!とはならんでしょ

全部読まずに「ラーメン評論家なんてこの程度のもの」とネガティブな評価を確定させちゃってるよ。私も含め


ここはさ、謝罪会見なわけ

黒いスーツを着て、髪の毛を黒く染めて、しっかりとセットして

謝罪すべきことはして、事実誤認があるのであれば懇切丁寧に説明し、誤解を解かないといけない


誤解が解けなければアンチはニュートラルにならないよ

でも誤解を解くことができれば、アンチはファンになるかもしれない。


リスクマネジメント、非難の度合いは違えど、謝罪会見で求められるスキルと同じものがここで求められるんだよ


格好悪いからリアクション取らないつもりだったけどやっぱり反論します、っていうのもよけい格好悪いし

「女、子どもには、手を上げない」

と2回くらい言っていますけど、

手を上げるのと同じくらいやべぇことをしてんな、って思われてこのブログにたどり着いているので完全に逆効果です

手は挙げてはいないけれどもセクハラしていますよね、

 

『フェイスブックで人妻シリーズという記事を書いていて、いろんな女性の写真を撮らせてもらっているので、写真を撮らせてくれる?』と言ってきました

私は『撮影はごめんなさい』とお断りしましたが、H氏は『なら顔は撮らないから身体だけ撮らせて』と言われ、その後すぐに有無を言わさず写真撮影をされていました。

【独自インタビュー】梅澤愛優香さん激白「ラーメン評論家たち」のメチャクチャな言動 | キャリコネニュース


拒否しているのに写真撮るのってデリカシーないですよ。何?人妻シリーズって


で、氏のブログに戻って


でも、書こうと思った本当の理由は、数名のとても親しい友人に同じことを言われたんです。
「ラーメン評論家が怒られてるけど、今、はんつ遠藤がきちんと何か言わないと、他のラーメン評論家に迷惑がかかるだろ!!」
あーー、その視点は全くありませんでした。


とかほざいているけれども、まずもって釈明をすべきブログで嘘の理由で読者の時間消費させて、挙句の果てに他人に迷惑をかけている自覚はありませんでした・・・って


これは彼だけの責任ではないけどさ

批判している側はラーメン批評家なのか食の批評家なんてどうでもいいの

すでに別のライターの“食べ手”という呼称が炎上しているから

 

これ、余談ですが、僕、ラーメン評論家じゃなくてフードジャーナリストなんです。。
分かりやすくいえばマラソン選手じゃなくてトライアスロン選手、みたいな。
(親しい友人にも言ってみた。しらねーよ!!って言われたwww まぁいいんですけど 涙)


っていているけどさ、知らねーよ。マジで

わらわらわら、じゃないの。

今余談言う必要ある?


ねぇ、本当にさ、これでどうやって読者の誤解を解こうと思ったの・・・まだ本題に入っていないんだよ・・・


その後梅澤さんのTwitterが見れないとグチグチ言っているけどさ

私Twitterってブロックするのってメリットよりもデメリットのほうが多いと思っていて

その理由はこういうふうに、「ブロックされた可哀想なアテクシ」っていうポーズを敵対者に取られるからなんだけど

そこまでしても、自分の情報発信にリアクションを取られたくないっていうことなんだよね。

ここまでくると、正直「ここまでされるほどやべーことをやったんだな」

という感想にしかならない。


正直、最初にこの記事を見たときは、おぞましさでここまで(まだ本題に入っていない)しか読まなかったんだけど、

その後もひどい

 
梅澤さんが批評家に対して批判したポイントは3点

・マウント

・セクハラ

・嘘


で、このうちのセクハラについて彼は次の段で認めているわけです。

転記するのもおぞましいと感じるような文体で、

しかも、それを酒のせいにして


お酒の失敗自慢は別の記事で書こう。ここで書くことではないよ。

お前が酒で傷ついた話とかどうでもいいんだよ

反省しなよ。お酒であんたは人を傷つけたんだよ


あんたがやっていることは、

「傷ついた!」

って怒っている人に向かって

「あーいとぅいまてーん♡」

ってボケかましているのと同じなんだよ。


なんでさ、

「セクハラの件については、お酒が入って調子に乗ってしまった。そこについては申し訳なく思う」

とか真摯に反省ができないの?

で挙句の果てに、人妻シリーズ人気だったんですよー

折角なんでみんな見てくださいよー


挙句の果ての挙句の果てに、ただで飯食ってるのばれたくないんで―

そう言う設定で―

って

これも「この写真に写っている女性は同意している」

と言いたげ

でも、彼女が同意していることと、梅澤さんが同意しないことは矛盾しないでしょう?

書く必要ないでしょう?

 

まさか、ここで人妻シリーズの説明をすることになるとは。。。(大汗)


誰も求めていないです。少なくともそういう説明は求めていない。


その後の下りで店主の写真って普通撮りますよね?

ってこっちに同意を求めてくるけれど、まぁ撮りますか?っていわれたら、あんた見たな職業はそうかもしれませんね

とは思いますよ?

でも、拒否されたのに無視して、顔は写さないからって無断で写真を撮っていいか?って言われたらNOです。


マウントは自覚症状がないから触れられないでしょうね


で、最後の嘘だけど、これは確かに、検証の余地はあると思うよ。

うーん。あると言い切っていいのかも微妙だけど、

エビデンスもなしにこんなことを言っているけど

 

ここには無いけど、どこかのネットに落ちてたやつで見れたんですが、
この件があって僕が何度か連絡したけど無視してたら中傷されたみたいな書き込みがありましたが、いやいや。それは無いです。

 

そこはちゃんと引っ張ってこようよ。探しきれないのであれば書くべきでないよ。

独り相撲だもん

 

その次の金銭トラブルについては、一考の余地はあるかもだけどさ

でもあまりにもひどすぎる文章でここまで読み切った人そうそういないよ

まじめに受け答えしている梅澤さんと

こんなちゃらちゃらした文書で、言ってる事食い違ってまっせー

とかやっている人間のどちらを第3者は信じるのか

 

全体的に何のためにこの文章を書いているのか、全く考えていないんですよね

全く考えていないということがまず伝わってくるので読んでいて拒絶反応が出てくるんです

 


最後に、僕のファンは梅澤さん攻撃しないでね


と申し訳程度に書いているのも

 


、まずは梅澤さんにセクハラしたことをしっかりと謝罪しよう。そこはあなた文章で認めたんだからm(_ _)mこんな記号でお茶濁しちゃダメでしょ


そもそも、酒飲んで書いた文章にどこまで意味があるか、私は知らないですけどね

はんつ某と、梅澤さんのどちらが会いたがっていたのか、金銭トラブルの真実

二人の意見が相反している状況で、どちらを信じるか

シラフの人間を信じるのか、酔った勢いで書いている人間を信じるのか

 

 

もちろん飲みながら書いてたので、誤字脱字ハンパない気がしますが、ご容赦ください。

次回の会見までにポニーテールにします!!!(こらーーー!!!)

 

比べるまでもないよね

てかもちろんってなに?

私の世界の常識では”もちろん”シラフで書くわ

泥酔してセクハラした自覚があったら今この文章を書いているときだけでも禁酒するわ

 

多分さ、いつも通り楽しい文章を書きたいんだろうことはわかるんだけどさ

ここそういう場じゃないんだ。

そういう場をわきまえられない大人の文章に

そういう文章を何の疑問も持たず公開できちゃうメンタルに


こいつの飯の種にはなりたくないわなぁ

繰り返しになるけど

「傷ついた!」

って怒ったら

「あーいとぅいまてーん♡」

って返されているもんなわけで

そんな奴Twitterブロックするし、店も出禁になるでしょ・・・

多分この文章を見たみんな、よく我慢したな、としか思わないよ

 

質の低いライターが量産される仕組みについての考察

この程度の知識しかなくて、なんでこいつらくいっぱぐれないのかな?

最初にこれを思ったのが

室井某とか、まぁ思想がやばいライターだのコラムニストが跳梁跋扈してんのがきもちわりぃなぁと思っていたところからだったんですが

あとは、あれです、蛭子能収があの画力でなんでコンスタントに仕事きてるんだろうとか

納品先間違えたけど問題なく掲載されたとか、もはや内容に価値を感じられていないよね
っていう


でも多分つまりそういうことなんだよね。


コラムにせよ、こういう漫画にせよ、メインの記事を埋めていく中で空いていった隙間を、ちょうど埋めてくれる存在として重宝されているだけで、物書きとして、絵描きとして評価されているわけではない


雑誌に掲載されるだけにおいては、彼らのクオリティが読者に評価されることはない


室井某がコラムを書いているから、好きなライターさんの記事があるけど買わないとか、そうそうないでしょ?

逆にそのライターが嫌いだけど、室井某は好きだから買うというのはあるでしょう


バラエティ番組のひな壇みたいに


そいつがいるだけで他誰が出ていようとチャンネルを変えるような芸人っていないと思う(私は何人かいるけど)

ライターなんてなおさら、嫌いなら読まなければいいだけですし

こいつに金が落ちるのが憎い!というくらい嫌うことがなければ、まぁしぶしぶその雑誌は買うでしょう?

そうやって、好きも嫌いも平準化されて

雑誌の売り上げが上がっても下がってもその原因はライター一人一人に帰結しない

そういうポジションに自身を潜り込ませ、生業として続けていけていることに対する、うらやましさ、ひがみ、という感情も私の中にはあるけれど、実際そこまでの営業力は私にはないのでそこは素直にすごいと思わないといけないところだとは思う

でも、そういうぬるま湯に浸りながら、誰彼に向かって偉そうなことを書いていくにつれ

その言動が指示されているかわからないのに、わからないがゆえに

批判の声が届かず、されどファンの応援だけが直接届き(お前の文章が嫌いだ!って直接レター書きませんよね)、自尊心が肥大化し先鋭化していって


室井某や町田某のように、ただコラム書いていただけ、映画見て感想書いていただけの人間が政治について何も勉強していないのに偉そうなことを言い出す


室井某なんて一般人代表みたいな顔しているけどそんなポジションの一般人なんていないからね。すでに一般人とは違う視点で物を見ているからね。


多分最初のころの彼らラーメンライターも最初はそのポジションを獲得するためにいろいろ苦労もしただろうし、インプットもいろいろされてきたんだろうけれども
そのうち努力しなくても仕事が途切れなくなってきて、初心を忘れてしまうんでしょうね。