Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

流行りにのって″蘇″を作ったけど失敗したよ😢

学校休校のせいで牛乳の消費がピンチだそうですね

 

で、ネット上では牛乳を大量に消費するレシピが色々と紹介されていましたが

そのなかでひときわ目立つのが

 

″蘇″

 

でした

てか蘇ってなに?

取り敢えず蘇我で変換して我を消してるけど

 

 

蘇(そ)は、古代の日本で作られていた乳製品の一種で、乳汁をかなり乾燥させ長期保管に耐える加熱濃縮系列の乳加工食品[1]と考えられている。酥とは同一の物ではない。文献には見えるが製法の失われた食品となっている。不明な部分の多い食品ではあるが、諸説に共通しているのは「蘇は乳を煮詰めた乳製品で美味しいもの」である。

 

つーことだそうで。

製法が失われたので、完成したものが蘇であるかはさだかではないが、わかっている範囲で再現するとこんな感じ

ということになるのでしょうか

 

煮るだけで良いなら簡単やン

と思ってチャレンジしてみました!

 

 

 

必要なもの

鍋(失敗の原因その1)

杓文字

牛乳 1000リットル(失敗の原因その2)


f:id:belphegor729:20200312073506j:image

いやー簡潔ですね😅

 

作り方

焦げないようにかき混ぜながら煮る


f:id:belphegor729:20200312073604j:image

もっと簡潔😨

実際に見ていきますが

牛乳を鍋にいれて煮ます

これは完全に入れすぎです😢

めっちゃ吹き零れました
f:id:belphegor729:20200312073522j:image

 

10分くらいで大分クリーミーになります


f:id:belphegor729:20200312073653j:image

 


f:id:belphegor729:20200312073703j:image

こちらは動画

 

30分くらいすると、鍋の縁に白い層が出来てきます


f:id:belphegor729:20200312080244j:image

削り取るとこんな感じ


f:id:belphegor729:20200312080253j:image

 

これが蘇なのかな?

 

俺にもやらせろとカットインするお子
f:id:belphegor729:20200312080328j:image

この後盛大にこぼして大変なことになりました

 

1時間でやっとかさが半分くらいになります

1リットルは多すぎでした😅


f:id:belphegor729:20200312080516j:image

 

鍋の縁の層も大分厚くなってきたご様子

一生懸命削って剥がします

 

ちょっと試食してみましたがさっぱりしてなかなか美味

 

まぁ、

すごく美味しい!

って感じではないですね

 

火力をあげてペースアップ!

 

した結果焦がしました…

 

 

鍋の底ががりっがり😢

 

適当な容器にいれて冷蔵庫で冷まします

 1リットルの牛乳が代替1/3~1/4までかさが減りました

たしかに大量消費するためのレシピですね。

 

 

もう少し煮た方が良かったのか、これでいのかわかりませんが、かなりしっとりした感触。

サクッとは切れませんね。

焦がしてしまったのもあり、少しキャラメルのような味。

これはこれでありだったのかもしれない。

 

 

 

試しに蜂蜜をかけてみると、これがBINGO!

より食べやすくなりました。
f:id:belphegor729:20200312081026j:image

 

敗因ははっきりしていて、かき混ぜ足りなかったことと

そもそも量が多くて時間がかかったこと。

量が少なければ集中力が切れる前に終わったと思うんよね。

 

また、鍋に牛乳を投入した後に、奥さんから

 

「フライパンのほうがいいらしいよ」

 

と手遅れなアドバイスをいただいたので

 

次回挑戦するときはフライパンで、牛乳半分で行こうと思います。

確かにいかに早く蒸発させるかが勝負だもんなぁ

 

いや、でもほんと美味しいよ。これ