Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

熊谷新知事の千葉県政に凄く期待しています

昨日千葉県知事及び千葉市長選がありました。

 千葉県民としてもちろん貴重な一票を投じてきましたよ

 

東京横浜埼玉の陰に隠れがちな千葉県(自虐)としては珍しく良くも悪くも面で注目度の高い選挙だったのではないかなと思います。

 

悪く、という意味では、コロナ後都知事選の次に行われた関東での選挙ということで
普段は都内に引っ込んでいるような色物候補が出張ってきたところですね。

 

千葉可哀想wwwとか言われましたけどもともと東京からの出張組ですから。

 

タイミング、という意味でいいように使われている感じはありますが
どうせ彼らは次の首長選挙でも出張ってくるでしょう。
毎回300万どぶに捨てられるその資金力がうらやましい。

 

特に、誰とは言わないですがコロナは風邪と吐き捨てる某候補については
コロナ初期、ダイヤモンドプリンス号の患者を受け入れたホテル三日月があり、
国際空港として成田も擁する千葉県に何しに来たのかと思いますね。
そういう、訴えていることのまともさもさることながら、戦を仕掛ける上での戦略を描くことができない時点で、得票率最下位に沈むのも致し方なしと思います。
まぁ下位候補者は団子ですけどね。

 

良い意味で、という所では、やはり当選された熊谷候補の存在が大きいです。

熊谷俊人(千葉県知事候補) (@kumagai_chiba) | Twitter

私も隣の市に住む人間として、千葉市政についてはいろいろお聞きします。
主に良いことです。悪いことは聞かない。
熊谷さん結構フランクに食堂とかに現れるらしいですね。
フランクに表れて職員と雑談をしていると聞いて、その風通しのよさが凄いなと思っています。
何より、熊谷市長(当時)の存在感が際立ったのは2年前の台風の時だと思います。


というかその時に熊谷さんのTwitterをフォローしたのでそこから熊谷さんの動向について意識しだしたというのはあるのですが
ついでに自分の自治体のTwitterアカウントもかなり的確に被災情報を発信していることを知ったのですがそれはさておき。

 

この方の情報発信の姿勢が
見本のような是々非々なんですね。

 

非難すべきところは非難する、称賛するところは称賛する
課題があれば提示し、対応されれば感謝する。

 

これができる人がすくない。本当に少ない。
私もできていない。

また、出来ないことについて憤慨することで、自分を悲劇の主人公のように演出する人間もいる中、なぜできないのか
やらないのか
やりたくてもできないのか
そこまで踏み込んで情報発信をし、やりたくてもできないのであれば相手の気持ちについても触れるのはとても好印象です。

 

 

また、この件については私も記事をしたためましたが

現地のことも知らないような人間が書いた悪意を持った記事については強く非難をしています。こういう姿勢もとても交換が持てますよね

 

 

belphegor729.hatenablog.com

 

このコロナ禍での冷静な情報発信も本職の方からも称賛されるものでありました

 

 

それに対して自民党が擁立した候補は、まぁ県政のしがらみとしてどうしても熊谷候補を応援するのではなく、森田前知事の後継者を選定して擁立せざるを得ない事情があるのだろうなぁと推測するのですが、彼についてもすでに財政的に困難を抱えていた千葉市を立て直した実績のある熊谷候補に対し、県議としての実績はあるものの知名度に劣り、
また熊谷候補も十分に若いためその若さもアピールポイントにならない。
そして、私の中で彼を応援できない特にクリティカルな事件だったのが以下のツイートでした。


私は彼のTwitterをフォローしていないので、この投稿を知ったのは熊谷候補の引用リツイートからでしたが


まぁはっきり言って熊谷候補の言う通りなのですよ。
こんなげすいマネしなくても熊谷候補は圧倒的有利なわけです。
それは今回の得票率を見てもわかる話で
きっと彼は実際に義憤に駆られて投稿したのでしょう。
私も自民党陣営が工作をしたうえで熊谷候補をはめたわけではないと思っています。
思っていますが

状況から考えて熊谷候補がこのようなことをするメリットがない
ということに思い至らないような視野の狭い行動をする候補に
自分の住む千葉県の県政を任せられない。

この投稿で、彼の人格ではなく彼の才能が、県政を任せるに足る器かどうかが私には見えてしまった。

残念ながらそういわざるを得ないと思います。

残念ですけどね。

私は基本的に自民党支持で、地方選挙についてもまぁよほど抜きんでた候補者でもない限りは自民党候補に投票することが多いですが
熊谷候補のようにより明確なビジョンがあり、そして行動力があるのであれば別に自民党にこだわる必要はないです。
うちの市長なんかは明確に前市長の後任として出馬したし、あまり有名でもなくしがらみも多い自治体なので対抗馬もほとんど出なくてあまり希望の持てる選挙にならないのですが
そういった意味でも今回はとても未来に希望の持てる選挙だったと思っています
それは今回の選挙の投票率にも表れているのかなと思います。

投票率は前回とくらべ約8ポイント上昇。
まぁ前回の投票率低すぎぃ、って話でもあるのですが
良くも悪くも森田前知事以外に選択肢がないっていう失望感もあったと思います。
私も個人的に、なんやかんや元芸能人としてテレビなどでコメントを求められやすいというのは一つのアドバンテージだと思っていましたし。
それくらい、誰が首長になっても行政そのものは変わらないという失望感が地方行政にはあると思うんです。個人的な感触ですけどね。
うちの市も私が引っ越してから市長が1回変わりましたけど大して変わらない。
市長2期目の選挙なんて対抗馬不在で無投票当選でしたし。

その中で、若くして政令指定都市であり県庁所在地でもある千葉市のトップになり
そこで実際に実績を重ね続けた方が、県知事に立候補する。

個人的に熊谷さんみたいな人がうちの市長になったらどう変わるのだろうとうらやむ感情もあったので、県知事として、千葉県内の一市町村としてよい方向に変わってくれる期待感がありますので是非とも千葉県政4年間頑張っていただきたいなと思います。