Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

初めて胃カメラ飲みましたがあれは地獄ですね

年末に受けた人生2回目の人間ドックが胃で引っかかりまして

 

軽度の胃炎の疑いと、ピロリ菌抗体反応値大幅超過

 

胃炎はまんまですね。夏から秋にかけて上司のパワハラで拒食症寸前まで陥っていたので、まぁ消化器系はやられているだろうなと思っていたのですが

 

ピロリ菌抗体値は胃の中に「ヘリコバクターピロリ」という細菌がいるかどうかの数値。この数値が高いとピロリ菌はいるでしょうという話になります。

 

このピロリ菌は胃炎や胃がんの原因となる細菌で

ただ、普通は幼少期の感染で大人になってから感染することはまれみたいなんですよね。

 

naisikyou.com

 

感染するのは小児期
幼児期(まだ免疫力が弱いときに)に汚染された水、食べ物、唾液から感染すると予想されています。成人になってからの感染は一時的な症状は出ますが自然治癒(免疫による排除)することが多いようです

 

去年の人間ドックでは所見になかったのでおかしな話だなぁとは思うのですが、とはいえいるかどうかはちゃんと胃カメラで確認しないと確定できないみたいなので、次の人間ドックをバリウムじゃなくて胃カメラにするという方法もあったのですが、胃炎のほうも気になったので年末年始に見てもらうことにしました。

 

本来は人間ドックを受けた病院でそのまま胃カメラ検査までお願いするべきなんでしょうけど

 その病院は私の信頼を完全に失ったので、いったん診察を挟む必要があるのは面倒でしたが別の病院で検査を受けることにしました。

 

 

f:id:belphegor729:20210110165855j:plain

 

 

 

胃カメラを飲むまで

 

その胃カメラですが、最初に鎮痛剤を肩に注射します。

普通にパーカーを着て病院に行ったので肩を出すのが大変でした。

注射を打たないパターンもあるようですが、一応肩を出しやすい服装のほうがいいですね。

 

そのあと唾液、胃液の分泌を抑える薬を飲んだ後

局部麻酔をのどにおもちゃの注射器みたいなのでぴゅっと入れられます。

めっちゃ苦いですが、それを飲み込まず5分間のどの奥にためておきます。

 

とにかく苦くてしんどいですが、我慢していると舌の奥がしゅわしゅわしてきます。

だんだん麻酔が聞いてくるんですね。しゅわしゅわがした先まで登ってくるくらいで大体5分くらい経ちます。

 

麻酔が効いたら体を横にして、マウスピースのようなものを咥えて胃カメラを入れていきます。

 

麻酔が効いていても胃カメラは苦しい!

f:id:belphegor729:20210110171412j:plain

麻酔が効いているから何も感じないといいなぁと思っていたのですが全然そんなことはなかったです。

のどの中を太いパイプが通っていく感触めっちゃあります。

とてもつらいです。

めっちゃえづきました( ;∀;)

 

当たり前の話胃の中に触覚痛覚はないのですが、それでも胃の中に管が存在しているので、おなかが凄く重たい感じがします。

直接的な感覚ではなく、なんというか間接的な感じでおなかに違和感があるんですね。

麻酔が効いている状態で歯の治療をするみたいな感じ、なんとなーく何かされているような居心地の悪さ。

 

しかも時間がたつにつれてだんだん麻酔の効きが弱くなっているような気がして、後半ひたすら餌付いて本当につらかった・・・・

 

内視鏡で一通り内部を観察した後、看護師さんが細いワイヤーを医師に手渡しているのが見えて、医師はそれを胃カメラのパイプに(それを通すための穴があるみたいで)とおして、胃の中までワイヤーをすって入れていました。あとからわかるんですが、胃の粘膜を採取していたみたいです。3か所くらい?取られました

 

本当はもうちょっとやるっぽかったのですが、

「うーん反対はもういいかな?」

という謎の発言と共に胃カメラが抜かれました。

 

喉が麻酔でマヒしているので、よだれを飲み込もうとすると気管のほうに行ってしまう恐れがあってよだれも垂れ流し、最初に飲んだ薬のおかげでえづいても胃液が出ないのが不幸中の幸いでしたが、胃カメラを引っこ抜く時の違和感もすごく嫌でしたね。

二度とやりたくない。

そんな経験でした

 

検査の結果

結果としては、胃炎といえるような胃の荒れはほぼ見受けられず、

胃が痛い気がしていたのも気のせいということになりました。

一応先生はフォローで「胃炎は治りますからね」

と言っていましたが1か月かそこいらで治るとは思えないので、正直誤診だったんじゃなかろうかと・・・

てかほんとこの体頑丈だな。

 

ピロリ菌の検査は、採取した粘膜を検査機関で分析してもらう必要があったので結果は1週間後でしたがこちらも結果としては陰性っぽい。

先生はいないこともないかなぁという数値ですが・・・と言っていたんだけど、

カルテに書かれてる内容盗み見た感じだと、分析の結果陰性だったけど、他の病院での人間ドックの結果は陽性だったので・・・みたいな書かれ方

 

ほんとあの人間ドックは何だったんだ。とりあえず陽性にしといて胃カメラでさらに治療費ふんだくってやろうとしてたんじゃないかと邪推したくなる追加検査の結果でした。

 

とはいえまぁ念のために殺菌しておきましょうということでお薬は飲むことに。

 

胃カメラ代7000円強

薬代 2000円強で系1万円の出費でした。

 

・・・正直胃炎の話が無ければ胃カメラ飲まずにいきなり薬でもよかったんじゃないか・・・

 

お薬は1週間分、朝晩の2回毎日欠かさず飲んで飲み終わってから2か月後に呼気検査で滅菌ができたか確認するそうです。


f:id:belphegor729:20210120094551j:image

1回がめっちゃ多い

正直飲むとおなかの調子もあまりよくないんですよね・・・

 

まぁこれでピロリ菌による胃がんの可能性が0になるのであれば、まぁまぁまぁ

って感じ。

 

大変な目にあいました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村