Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

ファルコン&ウィンターソルジャー3話 感想

シャロンカーター相変わらずお麗しい

 

好きなんですよねぇ、シャロン・カーター

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by TOM-PON (@tom_pon)

www.instagram.com

シャロン・カーターは確かに脱走にかかわった後の消息は語られていなかったですね。

闇に紛れて生き延びていたのであれば確かに語られない。

シャロン強かったなぁ。元エージェントだもんなぁ

 

 

 

やはり、ファルコン&ウィンターソルジャーは5年のずれが生じた人々の断絶に世界がどう対処するのか

というセンシティブな問題を積極的に扱っていくんですね

 

「世界再定住評議会」

 

半分の人口で回るようにリビルドした世界に戻ってきた人たちは

きっと明らかに異物なんでしょう。

 

家族ごと消えてしまった家は5年間も所有者不在のまま放置されるだろうか

 

なにがしかの新法により接収され、ほかの人の手に渡っているでしょう。

彼らに改めて居場所を、仕事、住居、そういったものを公共事業として提供されていることになる。

それは確かに政府の仕事でとても理にかなっている。

うまいなぁ

 

しかし、そのトラックの中から2代目キャップを含む暴徒鎮圧部隊が出動するのも、世界がはらむ矛盾、きれいごととその実態を端的に示して印象的。

 

横柄な態度をとる2代目と、意に介さない反政府組織

 

キャプテンアメリカだからリスペクトされるのではない

リスペクトされるに値する人物がキャプテンアメリカだっただけだ

 

2世はやはりその重みをわかっていないというのがよくわかるシーン

気が張っていてキャップを演じようと固くなっているのか

驕りが入り始めているのかはわからないですけど

 

そして再登場するジモ

2話の予想は1つ目で正解でしたね。今のところ

 

belphegor729.hatenablog.com

よかった

もともとはソコヴィアの特殊部隊員なので、国家とか組織といったものに対する忠誠心のあるタイプ。

ヒドラとも敵対していますし

少なくともMCUでのヘルムート・ジモは属性的に悪ではないと思っていたので、とりあえずこの立ち位置で一安心でした。 

 

役者さんも好きなんですよねー

本作で旧車好きで、無意味にレース服を着ていたのは絶対にこの作品のオマージュ

 

 

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

2話でもバッキーのノートにある復讐リストにバッキー役のセバスチャンスタンが出演した別作品の登場人物の名前があったそうなので

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[Blu-ray]

多分間違いないと思うんですよね。

その作品でクリス・ヘムズワースと共演していたので、ダニエルブリュームのMCU入は地味に興奮しました

 

話を戻して、原作のヴィラン名を拾う形で

ソコヴィアの特殊部隊員であるだけでなく、王家につながる名家の出だということも判明・ガチのバロン(男爵)ということになってますね

まぁこれだけリアルを追求している作品でバロン(自称)じゃ締まらないわな

 

しかしつえーな

 

キャップ2での立ち回りが知能犯って感じだったので勝手に文系ってイメージ持ってたけど、まぁ工作員だもんね・・・めちゃめちゃ強くてワロタ

 

もともと王家の人間だと、国家というものに対する忠誠とかそういうものにそこまで否定するタイプではないのかも?

と思いつつ、本作での人間関係がまたややこしくなりそうだなぁといった感じ

 

 

現状を整理すると、

バロン・ジモはヒドラやバッキーについて調べていくうちに、超人血清の現在の状況について知ることができた。

 

パワーブローカーは闇の世界の住人でそこそこの組織力とか資金力があるんですね。

指パッチンで研究者が消え中断した研究を拾える資金力も気になりますが

どこに売りつける気だったのかもまた気になります。

 

先週の予想ではその提供先がフラッグスマッシャーズだと思っていたのですが

パワーブローカーとフラッグスマッシャーズは今のところ敵対していることになります。

 

そして、フラッグスマッシャーズも正直素人集団であまり明確な目的かあるいはそれに至るような道筋は持っていないように見えるんですよね。

 

何の話がしたいのかというと、フラッグスマッシャーズは本作のメインヴィランではないと思うんです。

 

サムとバッキーと明確に敵対していない。

バッキーは超人血清に反応しているだけであって、フラッグスマッシャーズに対して敵意を向けているわけではない。

 

例のYoutuberの動画で

www.youtube.com

本作には明確なヴィランはいない。それぞれの正義に従っている

という監督のインタビューがあったとのことです。

 

フラッグスマッシャーズも彼らなりの正義のもとにパワーブローカーから超人血清を強奪している。

 

個人的にはサム、バッキーそしてジモの会話の中でかなり匂わせていると思うんですが、

サムとバッキーが最終的に敵対するのは、キャプテンアメリカというアイコンにすがり

キャプテンアメリカというアイコンを利用しその陰で様々な非人道的行為をしているアメリカそのものではないか・・・という気がしてきました。

パワーブローカーの超人血清の売り先もそこじゃねぇかねぇ

もともとCIAの研究だし。

 

3話でのサムの拒否感を見るに、最悪の選択肢として

「サムはキャプテンアメリカを引き継がない」

ということもあるのかなという気がしてきました。

少なくとも今のままでは受け取れない、といった形でしょうか

 

ファルコン&ウィンターソルジャー

全6話だそうなので地味に折り返し地点なんですよね。

最後にバッキーが顔見知りのような女性が出てきてまた一波乱ありそう

多分ワカンダのオコエかナキアだと思うのですが・・・

 

まだまだどんでん返しはありそうですね。

ジモがこのまま味方側にいるとも思えないかなーとも思いますし

逆にフラッグスマッシャーズと何某かの利害関係の一致で共闘という可能性もあるかも?

むしろジモ本性表して裏切り

それによってスマッシャーズと共闘とかありそう

 

また来週も大きく話が動きそうで楽しみです。