Let Life Loose

映画、漫画、革のブログです

意外とストーリーもしっかりしていて意外だった【#ブラックアダム】

唐突ですがコロナに感染しました。しんどい

保育園から娘ちゃんがもらってきてそのまま家庭内感染というテンプレのような流れ

感染していなければラーゲリ見たかったんですがね

うちの爺さんもシベリア拘留経験していますし

 

belphegor729.hatenablog.com

 

うちの市でロケがあったらしいし

まぁラーゲリは見る。

ほかにも何本かしないでロケのあった映画があるのでそれはどうするか考えるとして

 

今回は先週見に行ったブラックアダムですよブラックアダム

なんか全然らしいですね。

凄くしっかりした良作だったので信じられないのですが

 

 

しいて言うならタイミングが悪すぎましたかね・・・

 

ずずめの戸締りが箱を占拠しているうえに

 

belphegor729.hatenablog.com

 

同じタイミングで良くも悪くも話題性に富んでいたスラムダンクが公開

 

公開初週なのに地方の劇場とはいえ85席の箱ってやばすぎです・・・

 

タイミングが悪すぎる・・・

ただ、うーん。DCの計画が見直される程度には海外でも受けていないみたいですね・・・

なんでだろうなぁ。

面白いんだけどなぁ

 

ストーリーは

5000年前、カーンダックの奴隷階級の少年が、その高潔な魂を魔法使いに見いだされ

シャザムと同じ強靭な力を手に入れる。

苛烈かつ理不尽な支配から民族を開放するため、支配者を打倒するが

やりすぎたため魔法使いたちに相打ち同然で封印される

(ここでシャザムとつながるのも胸熱)

 

belphegor729.hatenablog.com

 

そして現在、カーンダックはテロリストの拠点となっており

支配者は変われども虐げられるままだった

テロリストの支配から解放されるため

彼の封印を解く

しかし、その強大な力が正しく使われないことを危惧した

JSA(ジャスティスソサイエティアメリカ)

の攻撃も受けることとなってしまった。

 

という感じ

 

あ、リンク張ったけど公式ウェブサイトのストーリーは見ないほうがいいっす

一番ばれちゃいけないネタバレを普通に仕込んでいるので

同様にウィキペディアもそこから引用されているので見ないこと推奨

 

多分ここが一番の肝

なぜ魔法使いに選ばれし高潔な人間だったはずのアダムが

封印されるほどの悪行を行ったのか

その悪行はJSAが現代にはあってはいけないと判断するほどのことで

 

その謎が解明するラストのシークエンスは「おおなるほど!」

と衝撃を受けたのですよ。

 

ここ先に知ってしまうと凡庸な作品に落ちてしまうと思うので

ネタバレ ダメ 絶対

ここら辺にごたごたしまくっているDCムービーのダメなところが集約されている気がするわ・・・

 

まぁとはいえ、本作の一番の魅力は実はJSA側にあったりして

予告を見た時点ではただの当て馬だと思っていた彼らがなかなかどうしてみんな魅力的

 

まずメインどころのホークマンが傲慢な独善主義者だと勝手に思っていたらなかなかどうして高潔な精神の持ち主で

特にスペックが語られないからこそ謎に七変化する武器が格好良かったり

 

満場一致で格好良かったのはドクターフェイトですね

いや、格好良すぎでしょ

チームのメンターとしてリーダーのホークマンを支え、後輩二人を導き

そしてブラックアダムすら彼の影響を受けていく

シンプルなヘルメットがまた異形感を強めて刺さるんですよねぇ

老いの格好良さ、いぶし銀さを存分に見せつけましたね。最高です。

 

そして若手二人

アトムスマッシャーはまぁもう少し頑張りましょう

という感じですが

とはいえ大きいキャラは強いキャラの踏み台にされるのは世の常なので

活躍をもらえなかったのも仕方ないところではあるし

引き立て役として十分な活躍はしたのかな

ベビーフェイスで彼もちょっと天狗なキャラなのかなと思っていたから意外と素直ないい子で活躍のわりに好感度は高いっす。

愛され系後輩ですね

 

そして全然存在を認識していなくて意外と刺さったのがサイクロン

まず純粋にかわいい

そして、確かにDC版ストームといった感じではあるんだけど

だからこその差別化が素晴らしいというか

2022年ならではの風属性のアクションを見せてもらったというか

これは予告を見るのが一番いいですね。

めちゃかっこよです

 

ただまぁそんな本作も明確な欠点が一つあって

それが敵のキャラクターが弱いんですよねぇ

なんだろう、なんていうか

鉄砲玉だと思っていたらテロリストのトップだった的な

いや無理がある。そのポジションであの立ち位置は無理がある

その後の設定も後付けが過ぎるしで

 

まぁブラックアダムというキャラクターを丁寧に描くために

それ以外をかなり(JSAですら)バッサリと切り捨てているので

この扱いもやむなしなのかなぁ

 

なんやかんやですべてが帰結したラストバトルは

エモい展開も盛り込んできて

えぐいくらいテンション上がったので、総じて劇場で見てよかったと本当に思える映画でしたわ

今年のヒーローものの中ではトップクラスだったんじゃないかな?