Let Life Loose

映画と革製品についての紹介がメインのブログです!特に革靴についてはディープな情報をあげていきたいと思ってます

プロメアが最高だったので見てないトリガーファンに向けて全力でプッシュしていくよ!

なんか、のりが独特で評価が別れているらしいプロメア見に行ってきました。

あらすじ

全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の
引き金となったのは、
突然変異で誕生した炎を操る人種
〈バーニッシュ〉の出現だった。
あれから30年――
攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を
名乗り、再び世界に襲いかかる。
対バーニッシュ用の高機動救命消防隊
〈バーニングレスキュー〉の
燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと
〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ。

熱き魂がぶつかりあう、
二人の戦いの結末は――。

監督は今石 洋之

  • グレンラガン
  • パンティー&ストッキングWithガーターベルト
  • キルラキル

 を手掛けたTORIGGERというアニメ制作会社の監督で

突飛な設定で注目させつつ、意外としっかりとしたテーマを秘めてる作品を作るかただと個人的に思ってます。

 

あの、パンティー&ストッキングWithガーターベルトの続きはまだでしょうか、無理ですか。そうですか。でも待ってます。

 

開き直って脱線しますけど、パンティー&ストッキングWithガーターベルト面白いんですよ。

 

Panty&Stocking with Garterbelt 特装版 第1巻 [Blu-ray]

Panty&Stocking with Garterbelt 特装版 第1巻 [Blu-ray]

 

何でしょう。毒っけがあるというか、毒しかないパワーパフガールズ的な。

アメコミ的なキャラクター造形で18禁な会話をしつつ、キレッキレのテンポで30分があっという間にすぎる快作で、続編を匂わした終わりかただったのですが、(恐らく)ガイナックスからトリガーが独立して主要メンバーがトリガーに移った関係で封印された作品です。

もしくは、受けたときに続編できるよう仕込んどこうって言うアメリカ映画にありがちな終わりかたのパロディだったのかな?

今石監督の持ち味はさっきいった通り、突飛な設定と、キレッキレの外連味のある画面構成だと思ってて、本作ではこれを見るのは自分のファンだけだろうといわんばかりに進化していました。

違うよ?松山ケンイチと早乙女太一と堺雅人のファンもいるよ!たぶん。

ノリについていけなかった人はたぶんここら辺の人だろうなぁ。

 

私はすでに調教済みなので、開始10分で「あ、すき・・・」状態でした。

 

グレンラガンが好きでしたら問題ないと思います。キルラキルが好きならなおさら、パンティー&ストッキングwithガーターベルト見ていない人は早く見よう。

 そして、上記3人のファンではまった方など、トリガー初心者の方、こちら側へようこそ。グレンラガンが一番手を出しやすいです。

 

 世界観の説明はテンポよく簡潔に、そしていきなりクライマックスレベルのイベントを叩き込み、ここで視聴者をふるいにかけていきます。

 メリハリがあるのは画面作りも同様で特にCGの使い方が特徴的。とにかくローポリゴンなんです。手を抜いているわけではなく意図的。そして色遣いがビビットでカラフル。

 角ばったポリゴンでグラデーションを極力排することによってメリハリをだし、中間色や影を配した色遣いでさらにメリハリを強調する。

 面白い。その思い切りも含めてすごく面白いです。

 

   音楽も最高ですね。ガンダムUCで一躍映画音楽のトップの仲間入りした澤野さんの素晴らしいサウンドが、ここぞと言うときにかかって視聴者のテンションをあげていきます。

そして、それが最高潮になったときに、満を持してテーマソングが流れる。

クライマックスで高らかにテーマソングが鳴り響くのも、パンティー&ストッキングWithガーターベルトしかりキルラキルしかり、トリガーのお家芸です。たまらん。

 

「プロメア」オリジナルサウンドトラック

「プロメア」オリジナルサウンドトラック

 

キャラ造形も良いですね。

松山ケンイチさん演じる主人公のガロは熱血バカだけど猪突猛進ではない、なかなかクレバーな面もあるキャラを好演してました。

ダイガードってアニメあったの知ってる人いるかな?

 

これの主人公も熱血だけど、大事なときに凄く冷静で今でもトップクラスに好きな主人公キャラの一人なのですが、ガロも同じ系統のキャラです。

堺雅人さん演じるクレイも、なんと言うか予想できるけどCMネタバレしすぎじゃね?と思いつつ、冷静ななかに熱いものを秘めた不思議なキャラを熱演してて、みんなの言うように後半は堺劇場でしたね。

個人的に一番よかったのは早乙女太一さん。

上手すぎでしよ。敵対集団のボスを演じてますが、やはり舞台経験が長いからでしょうか、松山さんは歌舞伎調の演技だったり、堺さんはかなり本人を意識したキャラだったりで不馴れなアフレコを製作陣がフォローしていた印象ですが、声の緩急。感情の乗せかた。素晴らしかったです。部下に檜山さんと小西さんと言うベテランを従えて全く見劣りしなかったのは驚きました。

あとトリガー常連の新谷まゆみさんのこえも聞けて満足です。この人ダイガードでもロリマッドサイエンテイストやってたな。

奇抜な画面構成、豪華な音楽、適材適所なキャスティングに対して、シナリオ自体はとてもオーソドックスでした。むしろシナリオまで奇をてらうと収集つかなくなるので、王道でどっしりと構えたシナリオなのは良いですね。

    総じて、トリガーのファンであれば文句のつけようもない素晴らしい作品だったと思います。

トリガーファン以外に勧められるかと言うと悩ましいですが、ファン以外のかたにも取っつきやすい作品にすると中途半端な作品になってしまうので、奇抜な世界観と画面作りだけど、シナリオ運びは堅実で安心感があるので、興味を持たれたら是非見に行ってほしいです。

(2019/6/9追記)

プロメアの最初のバトルシーンが公開されてますね!

悩んでいらっしゃるかたは、これを見て是非世界観を感じてください!

 

 

 

『プロメア』(完全生産限定版) [Blu-ray]

『プロメア』(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村